広島市への原子爆弾投下
▼人気記事ランキング
2.原爆被爆側の視点
(この節以下では被爆地の状況に視点を置く)

元安橋越しに見た広島県立商品陳列所(1930年頃)
1945年の広島市地図。米軍作成。赤い斜線(濃い赤)の地域が全壊地域、赤い点(薄い赤)の地域が半壊地域である。地図の升目は1000ヤード(914.4メートル)である。
民家が並ぶ被爆前の中島地区(模型)
上端中央のT字の橋が相生橋、左右の川に架かる2つの橋は右が元安川・元安橋、左が本川・本川橋。この両橋を通る道は旧西国街道で、街道沿いは江戸時代から栄えていた。
[4]前ページ
(1.7.帰投)
[6]次ページ
(2.1.広島市の略史と被爆直前の状況)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/14 13:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/23 更新
 1位7月22日
 2位梶居勝志
 3位第2世代移動通信システム
 4位麻原彰晃
 5位7月23日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant