広島市への原子爆弾投下
懸賞|てんびん座|無料占い
賃貸|金融|転職
▼人気記事ランキング
6.人体への影響
6.2.長期的影響

肉体的影響[編集]


熱傷・ケロイド[編集]
爆心地から2キロメートル以内で被爆した者は高度から中度の熱傷が生じたが、2キロメートル以遠で被爆した者は軽度の熱傷にとどまり、治癒に要した期間も短かった。しかし、3 - 4カ月経過後、熱傷を受けて一旦平癒した部分に異変が生じ始めた。熱傷部の組織の自己修復が過剰に起こり、不規則に皮膚面が隆起しケロイドを生じた。
放射線症[編集]
大量の放射線を浴びた被爆者は、高確率で白血病を発症した。なお被爆者の発症のピークは1951年、1952年であり、その後は徐々に下がっている。広島の被爆者では慢性骨髄性白血病が多く、白血病発症率は被曝線量にほぼ比例している。また若年被爆者ほど発症時期が早かった。発症すると、白血球が異常に増加し、逆に赤血球などの他の血液細胞が減少して障害を招く。さらに白血球の機能も失っていく。
1950年代、白血病は治療法のない代表的な不治の病の一つであり、発症者の多くが命を落とした。原爆の子の像のモデルとなった佐々木禎子は、12歳で白血病のために亡くなっている。
以降は癌の発症が増加した。転移ではなく、繰り返して多臓器にを発症する例がしばしば見られる。これら被爆者の遺伝子には異常が見られることが多い。放射線などにより回復不能にまで損傷を受けたDNAは、翻訳を介し、癌の発病を招くこともあるため、これら被爆者が「原爆により癌を発症した」と主張することも理に適っている[55]

精神的影響[編集]


心的外傷後ストレス障害など[編集]
原爆の手記を分析した結果によると、被爆者の3人に1人が罪の意識(自分だけが助かった、他者を助けられなかった、水を求めている人に応えて挙げられなかった、など)を持っていることが判明している(一橋大石田による調査)。(参照:サバイバーズ・ギルト心的外傷後ストレス障害
精神的影響は、原爆によって直接もたらされた、サバイバーズ・ギルト、心的外傷後ストレス障害だけではない。戦後のGHQによる原爆報道統制が日本国民の間に「被爆者差別」を生み、被爆者はこれにも長く苦しむことになった。すなわち原爆、放射能、放射線に関する情報不足より、日本国民の間に「被爆者差別」が生まれた。戦後しばらくの間、新聞・雑誌などにおいても被爆者は「放射能をうつす存在」あるいは重い火傷の跡から「奇異の対象」などとして扱われることがあり、被爆者に対する偏見・差別は多くあった。これらは被爆者の生活に深刻な影響を与えた。昭和30年代、例えば他の都道府県で就職の際、「広島出身」と申告すると「ピカ(原爆)を受けたのか?」と聞かれるのは常であり、被爆の事実を申告したら、仕事に就けないことが多くあった。このため少なからず被爆者は自身が被爆した事実を隠して暮らさざるを得なくなり、精神的に永く苦しめられることになった。原爆のことを「ピカドン」とも言うが、転じて「ピカ」は被爆者を示す差別語ともなっていた。被爆者差別の存在やその実態については、従来、一部で問題とされていたのみで、広く公にされることはなかったが、ついに2010年日本放送協会は、その原因を、戦後のGHQによる言論統制を受けた報道機関が、正しく原爆に関する報道を行わなかったため、当時、日本国民の間で放射能・放射線の知識が一般的でなかったことと相まり、国民の間に誤った認識が広く蔓延したためであると分析、過去に存在した被爆者差別とその実態について発表した[56]。なおその1年前、中国放送の記者であった秋信利彦(秋信は1975年10月31日、昭和天皇に原爆について質問した記者である。)は、当時の被爆者差別や被爆者の報道機関に対する強い反感と反発の実態について証言している[38]。多くの被爆者個人が公に自身の被爆体験を語り始めたのは、おおむね、被爆者差別の軽減以降である。
2008年から2009年の広島市の大規模調査の結果、2008年現在でもなお、被爆者の1 - 3%に被爆によるPTSDの症状があることが判明、部分的な症状があるケースも含めると、4 - 8パーセントにもなることがわかった。その主要因は、放射線による病気への不安と、差別・偏見体験である[58]

次世代への影響[編集]


胎内被爆[編集]
母親の胎内で被爆することを胎内被爆という。胎内被爆により、小頭症を発症する者がいた。小頭症とは同年齢者の標準より頭囲が2倍以上小さい場合を言う。脳の発育遅延を伴う。諸説あるが、被爆時に胎齢3週 - 17週の胎内被爆者に多く発症した。脳のみならず、身体にも発育遅延が認められ、これらが致命的であるものは、成人前に死亡した[38]
被爆二世の白血病高発症率[編集]
「公式見解」では被爆二世、被爆三世については、永年にわたり健康への影響、すなわち遺伝的影響はないとされてきた。放射線影響研究所は2007年に、被爆二世への遺伝的な影響は、死産や奇形、染色体異常の頻度、生活習慣病を含め認められないと発表した[59][60]
一方で、日本国政府などの公式見解となる放射線影響研究所などの発表には以前より疑問の声が多くあり、各大学などでの調査・研究が続けられていた。2012年6月3日、長崎原爆資料館で開催された第53回原子爆弾後障害研究会、広島大学の鎌田七男名誉教授らによる「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」の研究結果発表では、広島大学原爆放射線医科学研究所研究グループの長期調査結果報告において、被爆二世の白血病発症率が高く、特に両親共に被爆者の場合に白血病発症率が高いことが、50年に渡る緻密な臨床統計結果より示され、少なくとも被爆二世については遺伝的な影響を否定できないと結論付けた。鎌田は「これでようやく端緒についた。」と語っている[61]
運命の赤い糸|血液型占い|運命の人
姓名判断|夢占い|結婚
ワンピース|がん保険|脱毛
[4]前ページ
(6.1.短期的影響)
[6]次ページ
(7.1.終戦まで)

55. ただし、1細胞の生死、異常を本人が認識できない以上、原爆からの放射線こそが決定的な発病要因であるとは言えず、「原爆の後遺障害」の全てを原爆によるものと断定することはできない。
56. ふるさと発スペシャル『はだしのゲンは終わらない 幻の続編からのメッセージ』日本放送協会広島放送局制作、2010年7月30日放送。
57. 『きのこ雲の下から、あしたへ』中国放送制作、2009年8月6日放送。
58. 広島市『原爆体験者等健康意識調査報告書』2010年5月。
59. 被爆二世健康影響調査報告 (PDF)” (2007年3月). 2016年12月31日閲覧。
60. “放射線の影響 広島・長崎の長期調査からわかったこと”. asahi.com. 朝日新聞社. (2011年4月7日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104070102.html 2016年12月31日閲覧。 
61. 「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」第53回原子爆弾後障害研究会、鎌田七男広島大学名誉教授代表発表。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/08 16:00
六星占術|セルライト|看護助手
心理テスト|婚活|性格診断
ソ人気記事ランキング
2017/12/18 更新
 1位パンパン
 2位北九州監禁殺人事件
 3位藤吉久美子
 4位スター・ウォーズ登場人物一覧
 5位カイロ・レン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant