広島市への原子爆弾投下
フレッツ光|さそり座|霊感
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
6.人体への影響
6.1.短期的影響

熱傷[編集]


原爆の熱線には強烈な赤外線紫外線放射線が含まれており、約600メートル離れたところでも(瓦の表面が溶けて泡状になるという現象から)2,000度以上に達したと見られる。爆心地から1キロメートル以内では5度の重い熱傷を生じ表皮は炭化し、皮膚は剥がれて垂れ下がった(表皮の水分が気化・膨張したことによるもので、アメリカ側はこの現象を閃光熱傷(フラッシュバーン、Flash burn)と名付けた[54])。熱線による被害は3.5キロメートルの距離にまで及んだ。また熱線にて発火した家屋の火災による第2次熱傷を受けた者もいた。爆心地から1キロメートル以内で屋外被爆した者は重い熱傷のため、7日間で90パーセント以上が死亡している。爆心から20キロメートル離れた呉の海軍基地や可部地区や大野地区では、戸外に出ていた人は熱傷を負わずとも、「熱い」と感じている。

外傷[編集]


原爆の爆風により破壊された建物のガラスや建材などが散弾状となり全身に突き刺さって重傷を負う者が多数出た。戦後何十年も経過した後に体内からこのときのガラス片が見つかるといった例もあった。爆風により人間自体が吹き飛ばされて構造物などに叩きつけられ全身的な打撲傷を負ったり、急激な気圧の変化や体への強い衝撃により眼球内臓が体外に飛び出すといった状態を呈した者もいた。さらに熱線を浴びた体に爆風を受けたことで、火傷の部位を引き剥がされ致命的な傷につながった。
このような全身的な被害を受けた者は大半が死亡した。

放射能症[編集]


爆心地における放射線量は、103シーベルト(ガンマ線)、141シーベルト(中性子線)、また爆心地500メートル地点では、28シーベルト(ガンマ線)、31.5シーベルト(中性子線)と推定されている。すなわち、この圏内の被爆者は致死量の放射線を浴びており、即死(即日死)ないしは1カ月以内に大半が死亡した。また爆心地5キロメートル以内で放射線を浴びた被爆者は急性放射線症を発症した。
急性放射線症では、細胞分裂の周期が短い細胞よりなる造血組織生殖組織腸管組織が傷害を受けやすい。
症状は、悪心・嘔吐・食思不振・下痢発熱から始まる。さらに被爆から2週間後頃に放射能症に特徴的な脱毛が始まる。20日過ぎ頃より皮下出血斑(点状出血)、口腔喉頭病巣を生じる。大量の放射線により骨髄・リンパ腺が破壊され、白血球血小板の減少など血液障害を起こす。
6シーベルト以上の放射線を浴びた被爆者は、腸管障害(消化管組織の破壊により消化吸収不能となる)により、1カ月以内に大半が死亡した。
ワンピース|セルライト|相性占い
しし座|夢占い|保育士
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(6.人体への影響)
[6]次ページ
(6.2.長期的影響)

54. この現象は、松重美人が撮影した写真を検証したNHKスペシャル『きのこ雲の下で何が起きていたのか』(2015年8月6日放送)で詳細に取り上げられた

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/04 15:31
恋愛占い|エステ|看護助手
縁結び|脱毛|ふたご座
ソ人気記事ランキング
2017/10/18 更新
 1位ドリフ大爆笑
 2位いぬやしき
 3位信長協奏曲
 4位陸王 (小説)
 5位青木歌音
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant