広島市への原子爆弾投下
▼人気記事ランキング
4.原爆に対する日米政府の反応と原爆報道
4.10.原爆被害報道の本格化
広島赤十字病院地下室のレントゲンフィルムが全て感光していることを知り、9日に広島を襲った新型爆弾の正体が原爆であると確認した軍部は、緘口令を諦めて報道統制を解除。11日から12日にかけて新聞各紙は広島に特派員を派遣し、原爆のことを読者に明かした上、被爆地の写真入りで被害状況を詳細に報道した。科学雑誌などで近未来の架空兵器と紹介されていた原爆が開発され、日本が戦略核攻撃を受けたことを国民はここに初めて知った[50]

この原爆報道により、新潟県は8月11日に新潟市民に対して「原爆疎開」命令を出し、大半の市民が新潟市から脱出した。これは新潟も原爆投下の目標リストに入っているらしいという情報が流れたからである。原爆疎開が行われた都市は新潟市のみであった。また東京でも、単機で偵察侵入してきたB-29を「原爆搭載機」、稲光を「原爆の閃光」と誤認する一幕もあった。

[4]前ページ
(4.9.日本政府の抗議声明)
[6]次ページ
(5.広島原爆の破壊力と被害)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/14 13:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/23 更新
 1位7月22日
 2位梶居勝志
 3位第2世代移動通信システム
 4位麻原彰晃
 5位7月23日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant