広島市への原子爆弾投下
▼人気記事ランキング
1.原爆投下側の視点
1.1.広島への原爆投下に至る国際的軍事背景
1939年9月1日 - 第二次世界大戦が勃発。
1939年10月11日 - 前述のアインシュタインの手紙がルーズベルトの元に届けられる。
1939年10月21日 - アメリカがウラン諮問委員会を設置。
1940年4月10日 - イギリスが第1回ウラン爆発軍事応用委員会(MAUD委員会)の会議を開催。
1941年7月15日 - MAUD委員会がウラン爆弾が実現可能だとする最終報告を承認して解散。
1941年10月3日 - MAUD委員会最終報告書が公式にルーズベルト大統領に届けられる。
1941年12月8日 - 太平洋戦争が勃発。
1942年9月26日 - アメリカの軍需生産委員会がマンハッタン計画を最高の戦時優先等級に位置づける。
1942年10月11日 - アメリカはイギリスにマンハッタン計画への参画を要請。
1944年9月 - ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・チャーチル首相の間でハイドパーク覚書(ケベック協定)が交わされ、日本に対して原爆を使用することが決定された。その後1945年4月には第1回目標選定委員会が開催され、原爆投下目標の選定が始まった[4]
[4]前ページ
(1.原爆投下側の視点)
[6]次ページ
(1.2.原爆投下命令)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/14 13:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/23 更新
 1位7月22日
 2位梶居勝志
 3位第2世代移動通信システム
 4位麻原彰晃
 5位7月23日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant