広島市への原子爆弾投下
てんびん座|霊視|セルライト
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
4.原爆に対する日米政府の反応と原爆報道
4.2.広島中央放送局 原放送所
上記のごく一部を除いてあらゆる通信が途絶した広島は、被害状況報告や救援要請を行う手段を失った。しかし、広島市郊外にある広島中央放送局原放送所(現在のNHK祇園ラジオ放送所)の主要設備(放送鉄塔を含む)は無事であった[33]。原放送所は同盟通信社広島支社の緊急避難先となっていたが、偶然郊外の同僚宅にいて無事だった同盟通信記者の中村敏が避難、11時30分頃(16時の説もある)、同盟通信社岡山支社に「6日午前8時16分頃、敵の大型機1機ないし2機、広島上空に飛来し、特殊爆弾を投下、広島市は全滅した。死者およそ17万人の損害を受けた」との第一報を送った。この第一報は同盟通信岡山支社経由で東京本社に届けられた。また第一報は、当日昼過ぎに大本営にも届けられた[34]。なお広島中央放送局は翌7日朝より原送信所の予備演奏所を使い、生き残った職員によって単独放送を開始、ネット回線が復旧、全国放送まで完全にできるようになったのは8月29日夕方であった。8月15日の玉音放送は、臨時回線によって届けられ、雑音だらけでほとんど聞き取れない状態ではあったが、広島でも放送された[32]
看護助手|愛内里菜|資格
性格診断|姓名判断|フレッツ光
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(4.1.第一報 8月6日)
[6]次ページ
(4.3.大本営発表)

32. “「原爆投下直後の放送」奮闘録 NHK技手・故森川さんの日記公開”. 中国新聞. 中国新聞社. (2013年8月5日). http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=10793 2016年12月31日閲覧。 
33. 現在も当時の放送鉄塔が現役で使われ続けている。郊外といえどもかなりの爆風を受けたが、風圧抵抗の少ないスケルトン型、支線式であるため、倒壊を免れた。「NHK広島放送局の歴史」より。
34. 通報の内容は記憶によるため、伝聞により揺らぎがある。また中村敏がどうやって岡山支社に第一報を入れたのか、永らく謎であったが(当時、記者の利用できる一般電話回線は南回り、すなわち広島市中心部を経由しており壊滅状態、原放送所にある一般電話からの連絡はできなかったはずであるため)2013年、上流川町の演奏所で生き残った技手、森川寛が原爆投下直後、炎をかいくぐりながら直ちに原放送所に移動し、局間連絡線で岡山放送局との連絡に成功していたことが明らかになった(局間連絡線は専用線である。この専用線は対戦用に軍用電話回線と同じルート、特別の北まわりとしてあり、近隣各県に通じていた。広島の場合、戦後も永らく専用線はこの北回り回線が使用された)ことから、同盟通信社岡山支社に第一報が送られたことが裏付けられた。また第一報は当日昼過ぎに大本営に上がっており、16時の説と永らく矛盾していたが、森川寛の日記より、第一報と救援要請は森川の原放送所到着直後、すなわち当日の午前中に発せられ、岡山放送局でリレーされて大阪放送局に届けられ、大阪放送局より短波で放送されていたことが明らかになり、東京の大本営は、昼過ぎには複数のルートでかなり正確な内容の第一報を受け取ることが可能であったことが分かった[21]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/08/07 19:01
金融|縁結び|モテ期
スピリチュアル|無料相性占い|結婚
ソ人気記事ランキング
2017/08/20 更新
 1位731部隊
 2位サマーウォーズ
 3位加藤紘一宅放火事件
 4位インパール作戦
 5位8月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant