広島市への原子爆弾投下
無料占い|おひつじ座|転職
相性占い|縁結び|六星占術
▼人気記事ランキング
2.原爆被爆側の視点
2.1.広島市の略史と被爆直前の状況
広島市戦国時代の大名毛利輝元により太田川河口三角州城下町として開かれて以来、中国地方の中心であり続けた。江戸時代には浅野藩の城下町として栄え、明治維新後は広島県県庁所在地となり、中国地方の経済的な中心地として発展していた。さらに広島高等師範学校広島女子高等師範学校広島文理科大学広島工業専門学校広島高等学校を有する学都でもあった。
広島には軍都としての側面もあった。日清戦争時には前線に近い広島に大本営広島大本営)が置かれ、また臨時帝国議会第7回帝国議会)も広島で開かれるなど、一時的に首都機能が広島に移転されている。これを契機として、陸軍の施設が広島に多く置かれるようになった。広島城内には陸軍第五師団司令部、広島駅西に第二総軍司令部、その周囲には各部隊駐屯地等が配置された。すなわち当時、爆心地の北側はおよそ陸軍の施設で広く占められており、陸軍敷地南端より約200メートルに爆心地がある。また宇品港に置かれた陸軍船舶司令部兵站上の重要な拠点であった。
被爆当時の市中人口は約35万人と推定されている。内訳は、(1) 居住一般市民約29万人、(2) 軍関係約4万人、および (3) 市外から所用のため市内に入った者約2万人である。

中島地区[編集]


現在の広島の地図から名前が消えた中島地区(中島本町・材木町・天神町・元柳町・木挽町・中島新町)は、数千人の一般庶民が暮らす街であり、また広島の第一の歓楽街繁華街であった。この地区は爆心地から500メートル以内にあり壊滅、唯一、RC建築の燃料会館(旧大正屋呉服店)だけが耐え残った。
戦後、この地区は広島平和記念公園として整備され、燃料会館は全焼した内部を全面改築して公園のレストハウスとなり現在も残っている。
がん保険|資格|セルライト
無料相性占い|運命の赤い糸|相性診断
賃貸|モテ期|心理テスト
[4]前ページ
(2.原爆被爆側の視点)
[6]次ページ
(2.2.8月6日の朝)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/08 16:00
にきび跡|金融|しし座
エステ|愛内里菜|性格診断
ソ人気記事ランキング
2017/12/18 更新
 1位パンパン
 2位北九州監禁殺人事件
 3位藤吉久美子
 4位スター・ウォーズ登場人物一覧
 5位カイロ・レン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant