サービス終了のお知らせ
工業的企業に於ける労働時間を1日8時間かつ1週48時間に制限する条約
▼人気記事ランキング
概要
工業的企業に於ける労働時間を1日8時間かつ1週48時間に制限する条約(こうぎょうてききぎょうにおけるろうどうじかんを1にち8じかんかつ1しゅう48じかんにせいげんするじょうやく、英語: Convention Limiting the Hours of Work in Industrial Undertakings to Eight in the Day and Forty-eight in the Week)は、国際労働機関の条約。1919年11月28日に採択、1921年6月13日に発効した[2]。労働者の労働時間の上限を1日8時間、1週48時間に定めた条約であるが、家内労働者、商業と事務所、または団体協約がある場合など多くの例外も定めている[1]

2018年4月時点で52か国が批准しており、うちニュージーランドが1989年に脱退したほか、1920年代に批准したオーストリア(当時はオーストリア第一共和国)、フランス(当時はフランス第三共和政)、イタリア(当時はイタリア王国)、ラトビア第一次独立期)では未だに発効していない[2]

批准国一覧[編集]



脚注[編集]

出典:Wikipedia
2018/09/29 13:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant