サービス終了のお知らせ
好気性生物
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
好気性生物(こうきせいせいぶつ)、または好気性菌(こうきせいきん)は酸素に基づく代謝機構を備えた生物である。
細胞呼吸で知られた過程の中で、好気性菌は、たとえば脂質のような基質酸化してエネルギーを得るために、酸素を利用する。またこれと対立した概念は嫌気性生物である。
好気性細菌は地球上に藍藻類が誕生し、大気中に酸素が増加してきたことによって誕生したとも考えられている。ある種の好気性細菌はミトコンドリアの祖先ともいわれている。
目次
1.エネルギーの獲得
2.好気性生物の主な例
├2.1.通性好気性生物
└2.2.偏性好気性生物
3.関連項目
├3.1.翻訳元
出典:Wikipedia
2018/09/29 17:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant