サービス終了のお知らせ
桜田門外の変
▼人気記事ランキング
6.彦根藩・井伊家のその後
6.2.文久から維新期
桜田門外の変の襲撃者らが幕吏から大方処分されるのを見届けた薩摩藩側では、2年後の1862年(文久2年)3月16日に島津久光が藩兵を率いて鹿児島城下を発し、同年4月13日入京した。さらに久光は勅使・大原重徳を擁して同年6月7日薩摩藩兵と共に江戸へ入り、幕政の刷新を要求した。これを受けて幕府は御三卿一橋慶喜を将軍後見職、福井藩主・松平慶永を政事総裁職に任命、松平慶永の主導で井伊直弼政権の清算を図った(文久の改革[注釈 48]。末期の直弼政権を支え、直弼の死後に幕閣をまとめた老中・安藤信正は、同年初めの坂下門外の変では負傷で済んでいたが、この改革で久世広周と共に老中を罷免された。また、彦根藩は幕府より石高を35万石から25万石に減らされ、藩主の京都守護の家職を剥奪され、会津藩主・松平容保が代わりに京都守護職へ充てられた。これに先立って、彦根藩は直弼の腹心だった彦根藩士・長野主膳と同藩士・宇津木景福切腹より重い重罰であった斬首・打ち捨てに処したが、結局のところ減封を免れることはできなかった。

慶応2年(1866年)6月7日、第二次長州征伐で、彦根藩士510名は赤備えを着て幕府方で出陣した。彼らは鎧が夜間でも目立つことが却って仇となり長州方の遊撃隊から狙撃され、大敗を喫した。慶応4年(1868年)1月3日から6日、鳥羽・伏見の戦いでは譜代大名筆頭として、藩主井伊直憲率いる彦根藩は幕府軍の先鋒を務めていたが、翻って新政府軍に付いた。彦根藩はその後も薩摩藩兵と共に東寺大津を守備するなど、倒幕の姿勢を示した。

[4]前ページ
(6.1.変の直後)
[6]次ページ
(6.3.明治維新後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/10 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/25 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位AV女優
 4位水野朝陽
 5位羽生ありさ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant