搾取
▼人気記事ランキング
2.理念的な用法
2.1.マルクス主義における用法
マルクス経済学では、生産手段をもたない生産階級(労働者など)が生産する労働生産物(商品サービスなど)のうち、その生産者が社会的に生存していくのに必要な労働生産物以上の生産物(剰余生産物やサービスの一部)を、生産手段を所有する非生産階級(資本家など)が無償で取得することを指して搾取と呼ぶ。

[4]前ページ
(2.理念的な用法)
[6]次ページ
(2.2.資本制以前の搾取)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/21 22:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant