サービス終了のお知らせ
阪急電鉄
▼人気記事ランキング
5.特記事項
3.8.5.その他
登記上の本店所在地を大阪府池田市に置いていることから、池田市を所管する豊能税務署の法人税ランクでは常にトップである。
地球環境問題に対する施策は関西圏の私鉄の中ではかなり先進的で、摂津市駅9000系の2次車に代表されるようにLEDの照明灯を積極的に導入している。
かつて、宝塚本線では正月三が日に限り、沿線の寺社への初詣客に対応するため日中は「臨時ダイヤ」を編成していた。1990年代までは急行・普通に加えて臨時特急を増発し、のちに梅田 - 宝塚間の急行と普通をそれぞれ10分間隔(実質5分間隔)で運転する形態がとられたものの、2016年以降は臨時ダイヤは編成されていない。なお、京都本線でも昼間の特急が増発されるまでは正月三が日に限り、特急・急行を増発していた時期もあった。
朝夕のラッシュ時などの駅案内業務の臨時案内係(アルバイト)として学生班が設けられている。その名の通り、大学生と専門学校生が雇用対象(予備校生は対象外)である。
阪急では公共性を重視する観点から、ゴシップ週刊誌中吊り広告を一切掲示していない[62]
乗車マナーの向上のためのキャラクター「マナーアップ戦隊マナブンジャー」を制定している。
1990年代後半頃に関西の鉄道事業者では初めて、外部の事業者のテレビ番組映画ドラマ撮影を認めた。
日本の大手私鉄で唯一、信号機筐体の裏側をわざわざ銀色に塗装する習慣がある。
大正時代の沿線開発では、伊丹市に本社を置く小西酒造の支援を受ける形で沿線開発もなされたため両社の結びつきは深い。今でも駅構内などの小西酒造の「白雪」ブランドの広告看板が多いのは、その名残である。
車内冷房においては、阪神電鉄など他社では早々に採用されていた補助送風機「スイープファン」を当初『乗客のヘアスタイルを乱す』という理由で永らく設置しなかった(初めて設置されたのは1981年製造の7000系7003F)。
自社の全駅(共同使用駅を含む)の正式駅名はすべて漢字表記であり、2016年現在、片仮名(「ヶ」なども含む)・平仮名アルファベットアラビア数字など漢字以外の文字および記号(括弧中黒など)を正式駅名に含む駅が一切存在しない。これは日本の大手私鉄では阪急電鉄のみである[注 22]。過去には「蛍ヶ池駅」(現在の蛍池駅。改称時期不詳)や「桜井ノ駅駅」(現在の水無瀬駅。1948年改称)、「中ノ庄駅」(現在は京阪電鉄の駅)などの例が存在したが、いずれも改称や経営分離により解消されている。なお乗り入れ先である能勢電鉄には平仮名表記を含む駅(一の鳥居駅など)が複数あるが、乗り入れ列車である特急日生エクスプレスはそのいずれの駅にも停車しない。
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/22 14:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant