サービス終了のお知らせ
最低賃金 (アメリカ)
▼人気記事ランキング
7.最低賃金以下及び時給15ドル以下の労働者と生活賃金額に関するデータ
[51]

連邦最低賃金以下の賃金を支給されている労働者は、2018年で16歳以上の全時給労働者の約2.1%(約171.1万人)であり、その内の約75%(約127.6万人)が最低賃金未満である。労働者はフルタイム時給労働者は約1.2%(約74.2万人)、パートタイム時給労働者は約4.8%(約96.5万人)となっている。

男女別では、男性は約1.6%(約63.2万人)、女性は約2.6%(約107.8万人)である。年齢別では、一番高い年齢層が16 - 19歳で約7.6%(約36.1万人)であり、逆に低い層は55 - 59歳の約0.9%(約6.6万人)。人種別では白人は約2.0%(約124.2万人)、黒人は約2.6%(約31.3万人)、アジア系は約1.7%(約6.9万人)、ヒスパニックは約1.9%(約32.4万人)である。

学歴別では、一番高いのが高校在学中が約4.4%(約24.2万人)であり、一番低いのが修士卒、専門職学位卒、博士卒の約1.0%(それぞれ、約3.2万人、約0.3万人、約0.4万人)である。

婚姻の有無では、未婚は約3.5%(約114.6万人)、既婚は約1.0%(約36.1万人)、寡婦、離婚及び別居は約1.6%(約20.4万人)であり、16 - 24歳の未婚女性が約6.6%(約47.4万人)が一番高く、逆に低いのが25歳以上の既婚男性の約0.6%(約10.5万人)である。

職業別では、高い順に、飲食業の約13.6%(約96.8万人)が突出して高く、連邦最低賃金未満労働者の約3分の2がこの職業に従事していた。次いでケアとサービスの約3.3%(約10.8万人)、保安警備の約1.8%(約3.8万人)である。逆に低いのは、建設・採掘の約0.3%(約1.4万人)、管理職、専門職及び関連した職業が約0.5%(約9.0万人)である。産業別で一番高いのがホテル及びレジャー産業の約10.5%(約104.9万人)と突出して高く、連邦最低賃金で働く労働者の約4割と連邦最低賃金未満で働く労働者の約7割近くが、この産業に従事していた。逆に一番低いのは建設業の約0.2%(約1.2万人)である。

州別では、高い順にルイジアナ州(約4.5%[約4.9万人])、サウスカロライナ州(約4.1%[約4.8万人])、コロンビア特別地区(約3.7%[約0.4万人])である。逆に低い順では、ミネソタ州(約0.7%[約1.1万人])、ワシントン州(約0.7%[約1.3万人])、アラスカ州(約0.8%[約0.2万人])、オレゴン州(約0.8%[約0.8万人])である。ただし、多くの州では、連邦最低賃金を上回る州が定めた最低賃金がある点に留意する必要がある。また、高い順の方にあるルイジアナ州とサウスカロライナ州は、州最低賃金を定めていない。コロンビア特別区の場合は。最低賃金は連邦最低賃金を上回る13.25ドル(2019年3月時点)である。

また、2015年時点での時給15ドル以下は全労働者の約43.7%(約5830万人)であり、その内の約71.5%(約4170万人)が時給12ドル以下(連邦政府が提示する4人世帯の貧困ラインをわずかに上回る時給額)である[52]。また、人種別では、白人(15ドル以下:38.3% 12ドル以下:26.7%)、ヒスパニック(15ドル以下:60.0% 12ドル以下:45.0%) 黒人(15ドル以下:53.0% 12ドル以下:38.2%) アジア人(15ドル以下:36.4% 12ドル以下:26.3%)である。また州別では一番高い州はアイダホ州(15ドル以下:62.6% 12ドル以下:47.7%)であり、一番低い州はマサチューセッツ州(15ドル以下:32.4% 12ドル以下:22.0%)である[53]

また、2018年のアメリカ全体平均での生活賃金額は以下の通りである。断りがない限り、大人は年間2,080時間働いている場合の時給額である。また子供は、1人目は4才、3人目は9才、3人目は15歳の場合を想定している[54][55]。大都市圏の中で全米一生活費が高いサンフランシスコ市の場合は、成人1人が生活するには時給18.73ドルを必要とし、子供1人を持つ成人2人(内1人が働いている)の家庭では時給34.41ドルを必要だとしている[56]

[4]前ページ
(6.3.州や市、郡の場合)
[6]次ページ
(8.1.肯定)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/14 05:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant