最低賃金
▼人気記事ランキング
4.減額・適用除外について
以下の状況では、最低賃金の減額や、適用除外が行われることがある[3]

例:若年者、学生、障害者、見習生
そもそも高い所得や手厚い加護を受けており、最低賃金の保護が必要のない層 (ホワイトカラーエグゼンプション)
雇用関係が特殊なため、最低賃金を適用しないことが正当化される層
例:管理職、専門職、家事手伝、歩合給の者、チップをもらっている者
公的部門の被用者
例:日本・フランスの政府一般職員
他には、事業所人数が10人未満のところは除外(バングラデシュスーダンミャンマーなど)、農業は除外(カナダパキスタンなど)といった国もある。

減額と適用除外とでは、減額とする国が一般的である[3]。また、かつては女性に対する減額も一般的に行われていた[3]

[4]前ページ
(3.主な決定方式)
[6]次ページ
(4.1.若年者への適用について)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/21 12:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant