詐欺による意思表示
▼人気記事ランキング
2.詐欺による意思表示の効果
2.4.詐欺と錯誤の二重効
詐欺による意思表示は表意者が錯誤に陥る点で民法第95条の錯誤と共通しており、多くの学説は両者の要件を満たす場合(詐欺と錯誤の二重効の場合)には表意者は民法96条による取消しと民法95条の錯誤無効を選択的に行使できるとする[28]

[4]前ページ
(2.3.第三者との関係)
[6]次ページ
(2.5.会社法上の特則)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/08 19:31
ソ人気記事ランキング
2019/10/14 更新
 1位日本
 2位狩野川台風
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位三浦和義
 5位10月13日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant