詐欺による意思表示
▼人気記事ランキング
2.詐欺による意思表示の効果
2.2.第三者詐欺の場合
第三者が詐欺を行った結果として相手方に瑕疵ある意思表示した場合(いわゆる第三者詐欺)においては、相手方がその事実を知っていたときに限って意思表示を取り消すことができる(96条2項)。取消しには無過失であることが必要とされる(多数説)[12]

[4]前ページ
(2.1.当事者間の関係)
[6]次ページ
(2.3.第三者との関係)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/08 19:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/14 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位12月13日
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant