詐欺による意思表示
▼人気記事ランキング
2.詐欺による意思表示の効果
2.1.当事者間の関係
詐欺による意思表示は取り消すことができる(96条1項)。被詐欺者に重過失があっても取り消すことができる[10]。その結果、既に履行された部分について不当利得返還請求権が発生する[11]

[4]前ページ
(1.詐欺による意思表示の要件)
[6]次ページ
(2.2.第三者詐欺の場合)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/08 19:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant