詐欺による意思表示
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
民法 > 民法総則 > 法律行為 > 意思表示 > 瑕疵ある意思表示 > 詐欺による意思表示 詐欺による意思表示(さぎによるいしひょうじ)とは、他人の欺罔行為によって表意者(意思表示を行った者)が錯誤に陥ったためになされた意思表示をいう。強迫による意思表示とともに瑕疵ある意思表示とされる。なお、詐欺による意思表示は、ある者の詐欺行為のために表意者が錯誤に陥ってなした意思表示を指すのであり、表意者に対してある者がなした詐欺行為そのものとは異なる。
目次
1.詐欺による意思表示の要件
2.詐欺による意思表示の効果
├2.1.当事者間の関係
├2.2.第三者詐欺の場合
├2.3.第三者との関係
├2.4.詐欺と錯誤の二重効
└2.5.会社法上の特則
3.脚注
出典:Wikipedia
2019/07/08 19:31
ソ人気記事ランキング
2019/09/15 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月14日
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant