サービス終了のお知らせ
査読
▼人気記事ランキング
7.科学における不正行為と査読の限界
査読は、科学者の手による研究の捏造盗用などの科学における不正行為を見つけるような仕組みにはなっていない。そのため、査読を通過したものの後になって他の研究者によって不正や誤りが判明した事例も多く見られる。

そもそも学術雑誌における査読では、論文が正直に書かれていることを前提としている。加えて通常の場合、査読者は論文の元になった全てのデータにアクセスできるわけではない。そのため論文著者のモラルを信用した上で査読を行わざるを得ず、結果として不正行為を発見できないのだとも言われている。加えて論文の掲載数や引用数(インパクトファクター)が、研究者のその後の将来に影響するようになって以降、論文数が激増する中で果たして適切かつ正確な査読が可能か? という査読によるの役割にも疑問が出ている(後述のアルサブティ事件と藤井善隆の不正事件はその例とも言える)。

どのくらいの不正が発見されているかは明らかにされていない。

[4]前ページ
(6.査読されなかった論文や査読が行われていなかった専門誌の例)
[6]次ページ
(7.1.査読の限界の事例)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/02 00:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant