サービス終了のお知らせ
佐藤栄作
▼人気記事ランキング
3.人物・逸話
3.5.マスコミとの関係
退任の記者会見における騒動にも代表されるように、佐藤は新聞や雑誌などの活字報道を一貫して嫌っていたことで知られるが、その始まりは第2次吉田内閣で内閣官房長官に抜擢された際に、当時はまだ非議員で政界に不慣れな佐藤を新聞各社の社説が酷評したことにさかのぼる。佐藤が特に嫌悪していたのが朝日新聞で、首相の見解や政府の方針などあげた記事や社説が、実際に自身や政府が意図するものとは異なったものになっているときには激しく怒り散らした。

佐藤の朝日嫌いは自身の日記に成田デモ事件への報道に関連して「何としても朝日征伐にかからねばなるまい」と書きなぐるほど徹底したものだったが、佐藤の死後にその日記をまとめて『佐藤栄作日記』全六巻を刊行したのは、皮肉なことにその朝日新聞社にほかならなかった。

また、佐藤は毎日新聞にも好意を持っておらず、毎日新聞社傘下で大阪のテレビ局の毎日放送(現:MBSメディアホールディングス)が東京のテレビ局で当時経営危機に陥っていた東京12チャンネル(現:テレビ東京)を買収して、「東京毎日放送」に商号変更し、新テレビネットワークを構築しようと計画していたのに反対し、東京12チャンネルは日本経済新聞または東京新聞(の発行元である中日新聞)が引き受けるべきと郵政事務次官浅野賢澄(後のフジテレビ会長)を通して、毎日放送社長の高橋信三に伝達。結局、毎日放送は東京12チャンネルの買収を諦め、佐藤が買収先として挙げていた日本経済新聞社が東京12チャンネルを引き受けることで決着した[51]

[4]前ページ
(3.4.対人関係)
[6]次ページ
(3.6.栄ちゃんと呼ばれたい)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/07 20:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant