サービス終了のお知らせ
国立近代美術館 (フランス)
▼人気記事ランキング
2.コレクション (常設展示)
2.2.現代芸術(1960年以降)
ポップアートリチャード・ハミルトンアンディ・ウォーホル(紹介; 主要所蔵作品『10人のリズ』)、ロバート・ラウシェンバーグジェームス・ローゼンクイストロイ・リキテンスタイン(紹介; 所蔵作品『4枚のパネルの付いたモジュラー絵画』『ホットドッグ』)、ジャスパー・ジョーンズクレス・オルデンバーグジョージ・シーガルジム・ダインエド・ルシェ

ヌーヴォー・レアリスムイヴ・クライン(紹介; 主要所蔵作品『青の時代の人体測定』 『偉大な青の食人行為』)、ジャン・ティンゲリーニキ・ド・サンファル(紹介; 所蔵作品『花嫁』『磔刑』『射撃』)、アルマンセザール・バルダッチーニ

ミンモ・ロテッラ、クリスト&ジャンヌ=クロード、レイモン・アンス、ジャック・ヴィルグレ、マルシャル・レイス、オイヴィント・ファールシュトレーム、ダニエル・スペーリ

グループ・ゼロ (ZERO)・グループ・ニュル (NUL):ハインツ・マック、オットー・ピーネ、ギュンター・ユッカー、コンラッド・クラフェック、ヘルマン・デ・フリース、ヤン・スホーンホーヴェン

前衛美術雑誌『アジムート(Azimuth)』・アルテ・ポーヴェラピエロ・マンゾーニ、エンリコ・カステラーニ、ピエロ・ドラツィオ、ダダマイーノ、ジュゼッペ・ペノーネ、マリオ・メルツ、ヤニス・クネリス、ルチアーノ・ファブロ、ジョバンニ・アンセルモ、アリギエロ・ボエッティ、ミケランジェロ・ピストレット、ピエロ・ジラルディ、ジルベルト・ゾリオ

フルクサスジョン・ケージラ・モンテ・ヤングヨーゼフ・ボイスナム・ジュン・パイク、ヴォルフ・フォステル、ジョージ・ブレクト、ロベール・フィリュウ、ベン・ヴォーチェ、ディーター・ロート、オノ・ヨーコ(紹介)、ジャン=ジャック・ルベル

ミニマリズム・BMPT、シュポール・シュルファスエルズワース・ケリーロバート・ライマンカール・アンドレダン・フレイヴィン、ダン・グレアム、ドナルド・ジャッドソル・ルウィット、アグネス・マーティン、ロバート・モリスブルース・ナウマンリチャード・セラフランク・ステラ、フランソワ・モルレ、マルタン・バレ、ダニエル・ビュラン、オリヴィエ・モセ、ミシェル・パルモンティエール、ニエル・トロニ、クロード・ヴィアラ、ルイ・カーヌ、ダニエル・ドゥズーズ、パトリック・セトゥール、ジャン=ピエール・パンスマン、アンドレ=ピエール・アルナル、ピエール・ビュラグリオ、フランソワ・ルーアン、クリスチャン・ジャカール、ヴァンサン・ビウレス、ノエル・ドラ、ベルナール・パジェス、トニ・グラン

フィギュラシオン・ナラティブ(物語的具象派):エルヴェ・テレマック、ベルナール・ランシヤック、グドムンドゥル・エロ、ジャック・モノリ、ヴァレリオ・アダミ、ジル・アイヨー、アンリ・クエコ、ジェラール・フロマンジェ、ペーター・クラーゼン、アントニオ・セギ、アントニオ・レカルカティ、エキポ・クロニカ、アラン・ジャック、ピーター・サウル

レトリスム(文字主義)・コンセプチュアル・アートイシドール=イズー、ガブリエル・ポムラン、モーリス・ルメートル、ジル・ウォルマン、ロラン・サバティエ、フランソワ・デュフレーヌ、ジャン=ルイ・ブロー、アラン・サティエ、ジョセフ・コスースローレンス・ウェイナーマルセル・ブロータス、ソフィー・カル、ベルナール・ヴネ

ソビエト・ノンコンフォーミスト(非体制順応)アート、ソッツ・アート[14]イリヤ&エミリア・カバコフ、コマール&メラミッド、ドミトリー・プリゴフ、ウラジーミル・ネムーヒン、オスカー・ラビン、エドゥアール・スタインベルグ、ボリス・オルロフ、アナトリー・ズベレフ、グリシャ・ブルスキン、セルゲイ・ミロネンコ、レオニード・ソコフ、アレクサンドル・ブロツキーウラジーミル・ヤコブレフ、アレクサンドル・コソラポフ、ティムール・ノヴィコフ、リディア・マステルコヴァ、ユーリー・ズロトニコフ (Yuri Zlotnikov)、オレグ・クリーク

ボディアートマリーナ・アブラモヴィッチ、オルラン、ジーナ・パネ、ミシェル・ジュルニアック、レベッカ・ホーン、ケティ・ラ・ロッカ、ヤナ・スターバック

新表現主義(新野獣派、トランスアバンギャルド、フィギュラシオン・リーブル[15]:ゲオルグ・バゼリッツ、アンゼルム・キーファー、イェルク・イメンドルフ、A・R・ペンク、アルバート・オーレン (Albert Oehlen)、マルクス・リュペルツ、ジャン=ミシェル・バスキアジュリアン・シュナーベル、レオン・ゴラブ、ディヴィッド・サーレ、エリック・フィッシュル、フランチェスコ・クレメンテ、エンツォ・クッキ、ミンモ・パラディーノミケル・バルセロ、ロベール・コンバス、エルヴェ・ディ・ローザ、ジェラール・ガルースト、ジャン=シャルル・ブレ、フランソワ・ボワロン、ジャック・グランベール (Jacques Grinberg)、ジャンヌ・ソケ (Jeanne Socquet)

その他、ゲルハルト・リヒタージグマー・ポルケ、リチャード・リンドナー、マルティン・キッペンベルガー、ペル・キルケビー、ピーター・スタンフリ、ルシアン・フロイドデイヴィッド・ホックニー、ブライオン・ガイシン、トニー・クラッグリチャード・ロングバリー・フラナガン、リチャード・ディーコン、マルコム・モーリー、チャック・クローズ、マシュー・バーニービル・ヴィオラ、ダド、ロマン・オパルカ、ピエール・モリニエ、クロード・ベルガルド、ジャン・ピエール・レイノー、クロード・レヴェック、クリスチャン・ボルタンスキーアネット・メサジェアニッシュ・カプーア、李應魯、シェリ・サンバなどの作品

その他の芸術家の1990年代の作品:ベルント&ヒラ・ベッヒャー、アンドレアス・グルスキー、マーティン・パー、トーマス・ルフナン・ゴールディン、ペーター・フィッシュリ&ダヴィッド・ヴァイス、ウィム・デルボア、ギルバート&ジョージシンディ・シャーマンピーター・ドイグアンディー・ゴールズワージー、グレン・ブラウン、シーン・スキャリー、ジョン・カリン、マルレーネ・デュマス、エルネスト・ネト、トゥンガ (Tunga)、スボード・グプタ、?培明、王度 (芸術家)、王克平、モナ・ハトゥム、アデル・アブデスメッド、ベルトラン・ラヴィエ、フィリップ・コニエ、ベルナール・フリズ、ピエール・ユイグ、アラン・セシャス、グザヴィエ・ヴェイヤン、ジャン=ミシェル・オトニエル、フィリップ・ラメット、ベルナール・ピファレッティ、ローラン・グラッソ、クロード・クロスキー、ミシェル・ブラジー、ディディエ・マルセル、フィリップ・マヨー、フィリップ・パレーノ)、ピエール・エ・ジル、ヴァレリー・ベラン

[4]前ページ
(2.1.近代芸術(1905年以降))
[6]次ページ
(2.3.建築・デザイン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/23 05:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant