サービス終了のお知らせ
国立近代美術館 (フランス)
▼人気記事ランキング
2.コレクション (常設展示)
2.1.近代芸術(1905年以降)
フォーヴィスム(野獣派)アンリ・マティス(紹介; 主要所蔵作品『窓辺のヴァイオリニスト』『ルーマニアのブラウス』『大きな赤い室内』『金魚鉢のある風景』『マグノリアのある静物』『グレタ・プロゾルの肖像』『文様のある背景の前の装飾的人物』『ダビデ王の悲しみ 』『ブルー・ヌード』)モーリス・ド・ヴラマンク(紹介; 主要所蔵作品『赤い木のある風景』『自画像』)、ジョルジュ・ブラック (紹介; 主要所蔵作品『ギターを持つ女』『ギターを持つ男』『サロン』『卓上の静物』『ラ・シオタの小湾』『エスタックの陸橋』『テーブルクロスの上の果物とコンポート鉢』『サロン』『羽ばたき』)、ラウル・デュフィ (紹介; 主要所蔵作品『サン=タドレスの浜辺』『トゥルーヴィルのポスター』『旗で飾られた通り』『マルセイユ港の埠頭に停泊する船』)、ジョルジュ・ルオー (紹介; 主要所蔵作品『鏡の前の女』『傷ついた道化師』『深き淵より』『聖顔』)、 アンドレ・ドラン (紹介; 主要所蔵作品『コリウールの風景』『二艘の小舟』『紅茶カップ』)、アルベール・マルケ (紹介; 主要所蔵作品『マンギャンのアトリエで描くマティス』『ロッテルダム』『河岸』『夜のポンヌフ』)、オトン・フリエスキース・ヴァン・ドンゲンアンリ・マンギャン、オーギュスト・シャボー
キュビスム(立体派):画家のパブロ・ピカソ(紹介; 主要所蔵作品『バレエ「パラード」の幕』『読書する婦人』『アルルカン (アルルカンに扮する画家サルバード)』『ミューズ』『女性の肖像』『春』『女性の頭部』『肱掛椅子に腰掛ける女』『まどろむ女』『秘密』『ロッキング・チェア』『トルコ帽の女性』)、フェルナン・レジェ(紹介; 主要所蔵作品『婚礼』『読書』『2羽のオウムのいるコンポジション』『余暇 - ルイ・ダヴィッドへのオマージュ』)、フアン・グリス(紹介; 主要所蔵作品『朝食』『ギター』)、ジョルジュ・ブラック、アルベール・グレーズジャン・メッツァンジェジャック・ヴィヨンアンドレ・ロートオーギュスト・エルバン、彫刻家のアンリ・ローランス、レイモン・デュシャン=ヴィヨン、ジャック・リプシッツ、アレクサンダー・アーキペンコ

素朴派アンリ・ルソーセラフィーヌ・ルイルイ・ヴィヴァン、カミーユ・ボンボワ、アンドレ・ボーシャン

未来派ウンベルト・ボッチョーニカルロ・カッラジャコモ・バッラジーノ・セヴェリーニルイージ・ルッソロ、アルベルト・マニェッリ

ロシア・アヴァンギャルドロシア構成主義シュプレマティスムカジミール・マレーヴィチアレクサンドル・ロトチェンコエル・リシツキー、アレクサンドラ・エクステル、ナタリア・ゴンチャロワミハイル・ラリオーノフ、ジャン・プーニー、ウラジミール・バラノフ=ロシネ、レオポルド シュルヴァージュ、パーヴェル・フィローノフ、ポール・マンスーロフ、ウラジミール&ゲオルギー・ステンベルグ

表現主義新即物主義エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーマックス・ペヒシュタインアウグスト・マッケアレクセイ・フォン・ヤウレンスキーエミール・ノルデオスカー・ココシュカリオネル・ファイニンガーオットー・ディクス(紹介; 主要所蔵作品『ブリュッセルの鏡の部屋の思い出』『ジャーナリスト、シルヴィア・フォン・ハルデンの肖像』)、ジョージ・グロスクリスチャン・シャドマックス・ベックマン

ダダイスムバウハウス:画家のマルセル・デュシャン(紹介; 代表作『泉』)、パウル・クレー (紹介; 主要所蔵作品『庭の中の矢』『リズミカルなもの』『港の帆船』)、フランシス・ピカビア (紹介; 主要所蔵作品『ル・ルシレ』『スフィンクス』『カコジル酸塩の眼』『美徳』『仔牛の崇拝 』『ブルドッグと女たち』『仮面と鏡』)、マルセル・ヤンコ、ゾフィー・トイバー=アルプラウル・ハウスマンハンナ・ヘッヒクルト・シュヴィッタースモホリ=ナジ・ラースローヨゼフ・アルバースオスカー・シュレンマー、彫刻家のジャン・アルプアントワーヌ・ペヴスナーナウム・ガボ

抽象絵画デ・ステイル)・具象絵画フランティセック・クプカワシリー・カンディンスキー(紹介; 主要所蔵作品『サン=クルー公園, 薄暗い並木道』『空の青』『黒い弧のある絵』『灰色の中に』『塔のある風景』『黄 - 赤 - 青 』『相互の和音』)、ロベール・ドローネー(紹介; 主要所蔵作品『詩人フィリップ・スーポー』『躍動, 生きる喜び』『都市 No. 2』)、ピエト・モンドリアン (紹介; 主要所蔵作品『ニューヨークシティ I』『赤・青・白のコンポジション II』)、バート・ファン・デル・レック、テオ・ファン・ドゥースブルフジョルジュ・ヴァントンゲルローフィルモス・フサール、セザール・ドメラ、ジャン・エリオン、オットー・カールスンド、ヴィリー・バウマイスター、オットー・フロイントリッヒ、ホアキン・トレス=ガルシア、マックス・ビル、リチャード・モーテンセン、オーレリー・ヌムール

その他の彫刻家:コンスタンティン・ブランクーシ (紹介)、アンリ・ゴーディエ=ブルゼスカ、フリオ・ゴンサレスアレクサンダー・カルダーヘンリー・ムーア

エコール・ド・パリの画家:マルク・シャガール(紹介; 主要所蔵作品『ロシアとろばとその他のものたちに』, 『杯を掲げる二重肖像 』, 『白い襟のベラ』)、アメデオ・モディリアーニ (所蔵作品『赤い顔』『モイズ・キスリング』)、シャイム・スーティン (紹介; 主要所蔵作品『給仕』『七面鳥のある静物』)、藤田嗣治 (紹介; 主要所蔵作品『カフェ』『友情』『花咲く河岸, ノートルダム』)、モイズ・キスリングジュール・パスキン、マリア・ブランシャール

シュルレアリスムジョルジョ・デ・キリコ(紹介; 主要所蔵作品『ある午後のメランコリー』『ギョーム・アポリネールの肖像』『二人の人物』)、サルバドール・ダリ(紹介; 主要所蔵作品『不可視のライオン, 馬, 眠る女』『部分幻影, ピアノに現れたレーニンの六つの肖像』)、ルネ・マグリット(紹介; 主要所蔵作品『夏の階段』『二重の秘密』『旅の想い出』『赤いモデル』『陵辱』『ストロピア』)、マックス・エルンスト(紹介; 主要所蔵作品『解剖 - 花嫁』『ユビュ皇帝』『キマイラ』『視覚の内部』『三本の糸杉』『最後の森』『嘘八百』)、ジョアン・ミロ(紹介; 主要所蔵作品『青 II』『シエスタ』『絵画』『闘牛』)、アンドレ・ブルトンマン・レイ(紹介; 代表作『アングルのヴァイオリン』)、ドラ・マールイヴ・タンギー(紹介; 主要所蔵作品『夏の4時, 希望…』『岩の窓のある宮殿』)、アンドレ・マッソンロベルト・マッタヴィフレド・ラムポール・デルヴォーアルベルト・ジャコメッティハンス・ベルメールヴィクトル・ブローネルジョゼフ・コーネルメレット・オッペンハイム

抽象表現主義ジャクソン・ポロック、マーク・トビー、マーク・ロスコバーネット・ニューマンウィレム・デ・クーニングアーシル・ゴーキー、クリフォード・スティル、ロバート・マザーウェル、サム・フランシスアドルフ・ゴットリーブ、ケネス・ノーランド、フィリップ・ガストン、ポール・ジェンキンス、ジョアン・ミッチェル、サイ・トゥオンブリー

抒情的抽象・タシスムヴォルス、ジョルジュ・マチュー、ハンス・アルトゥング、カミーユ・ブライアン、ジャン=ポール・リオペル、ニコラ・ド・スタールピエール・スーラージュ、ジェラール・シュネデール、ジャン・ドゥゴテックス、ピエール・タル=コート、ブラン・ヴァン・ヴェルデ、趙無極、オリビエ・ドゥブレ、シモン・アンタイ、アンドレ ランスコイ、アルフレッド・マネシエ、ジャン・バゼーヌ、ジャン・ル・モアル、ロジェ・ビシエール、モーリス・エステーヴ、シャルル・ラピック、セルジュ・ポリアコフ、マリア・エレナ・ヴィエイラ・ダ・シルヴァ、アルパド・スゼンヌ

、ギュスターヴ・サンジェ、ジュリアス・ビジア、ベルナルド・シュルツェ、フランソワ・スターリ、エティエンヌ・マルタン

アンフォルメル(非定型の芸術)・アール・ブリュット(生の芸術)ジャン・フォートリエジャン・デュビュッフェアントニ・タピエスルーチョ・フォンタナアルベルト・ブッリ、ジュゼッペ・カポグロッシ、ベルナール・レキショ、ガストン・シェサック、エンリコ・バイ、マノロ・ミジャーレス、アントニオ・サウラ、エドゥアルド・チリーダ

コブラ (CoBrA):アスガー ヨルン、カレル・アペル、ピエール・アレシンスキー、クリスチャン・ドートルモン、ギヨーム・コルネイユ、コンスタント・ニーヴェンホイス、ジャック・ドゥーセ、ジャン=ミシェル・アルタン、エギル・ヤコブセン、カール=ヘニング・ペデルセン

具体美術協会 (GUTAI)白髪一雄(紹介; 所蔵作品『地然星混世魔王』)、村上三郎(紹介)、田中敦子(紹介)、嶋本昭三(紹介; 所蔵作品『この上を歩いてください』)、堂本尚郎(紹介; 所蔵作品『絵画』(1960)『絵画』(1962))、今井俊満(紹介)

キネティック・アートオプ・アート、視覚芸術探求グループ)ヴィクトル・ヴァザルリ

ヘスス=ラファエル・ソト、カルロス・クルズ=ディエズ、ヤコブ・アガム、ブリジット・ライリー (画家)

、フリオ・レ・パルク、フランソワ・モルレ、オラシオ ガルシア=ロッシ、フランシスコ・ソブリノ、ジョエル・ステイン、イヴラル、ポル・ビュリ、グレゴリオ・バルダネガ、ニコラ・シェフェールその他、ピエール・ボナール (紹介; 主要所蔵作品『レーヌ・ナタンソンと赤いセーターのマルト』『浴槽の裸婦』『背を向けて化粧する裸婦』『洗面所の鏡の中の自画像』『ミモザの見えるル・カンネのアトリエ』『ルヴュ・ブランシュのポスター』)、モーリス・ユトリロ (紹介; 主要所蔵作品『ラパン・アジル』『コタン小路』)、ポール・シニャックアリスティド・マイヨールシュザンヌ・ヴァラドンマリー・ローランサン(紹介; 主要所蔵作品『ターバンの女』『鳩を持つ女たち』)、ソニア・ドローネー、タマラ・ド・レンピッカ(紹介; 主要所蔵作品『青い服を着た若い女』)、ジョージア・オキーフフリーダ・カーロルイーズ・ネヴェルソンルイーズ・ブルジョワ(紹介; 主要所蔵作品『Cumul I』)、ジェルメーヌ・リシエ

、ジュディット・レイグル、ドロテア・タニング草間彌生(紹介、所蔵作品『My Flower Bed』)、ディエゴ・リベラジョルジョ・モランディバルテュス(紹介; 主要所蔵作品『キャティーの化粧』『アリス』『トルコ風の部屋』『木のある大きな風景 (シャシーの農家の中庭)』)、ベルナール・ビュフェフランシス・ベーコン(紹介; 主要所蔵作品『風景の中のヴァン・ゴッホ 』『部屋の中の三人の人物』)などの作品

[4]前ページ
(2.コレクション (常設展示))
[6]次ページ
(2.2.現代芸術(1960年以降))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/23 05:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant