国立がん研究センター
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
国立研究開発法人国立がん研究センター(こくりつがんけんきゅうセンター、National Cancer Center)は、日本国立研究開発法人国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)の一つであり、日本におけるがん征圧の中核拠点として、がんその他の悪性新生物に対する診療研究、技術開発、治験、調査、政策提言、人材育成、情報提供を行う。
厚生労働省直営の施設等機関であった旧国立がんセンターは、2010年からの独立行政法人化後、数々の改革を経て、2015年から国立研究開発法人に移行している。
目次
1.国立がん研究センターの目的と業務
2.国立がんセンターの歴史
├2.1.設立の経緯 - 病院・研究所・運営部の三者体制の確立(1961-62年)
├2.2.センター病院開院(1962年)と黎明期の発展(1960年代)
├2.3.円熟期における発展(1970-80年代)
├2.4.東病院開院(1992年)と中央病院新棟竣工(1998年)
└2.5.官僚支配と積み重なる課題 - 独法化前夜(- 2010年)
3.独立行政法人国立がん研究センターの歴史
├3.1.独法化の狙い - 全国の公団、特殊法人改革の先鞭として
├3.2.初代理事長・嘉山孝正のもとでの改革(2010年度 - 2011年度)
└3.3.堀田理事長時代の取り組み(2012年度 - 2015年度)
4.沿革
5.組織
├5.1.中央病院(築地)
├5.2.東病院(柏市)
├5.3.社会と健康研究センター(築地)
├5.4.がん対策情報センター(築地)
├5.5.研究所
└5.6.企画戦略局
6.幹部職員
├6.1.歴代総長
└6.2.歴代理事長
7.費用負担
8.交通アクセス
9.エピソード
10.脚注
11.参考文献
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/08 22:03
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant