国鉄213系電車
▼人気記事ランキング
5.JR東海所属車両(5000番台)
5.1.登場までの経緯
国鉄時代、いわゆる国電の設定がなかった名古屋地区では、近郊輸送は並行する私鉄がシェアの大半を占めていたが、その中でも桑名四日市方面は近畿日本鉄道(近鉄)の独壇場であった。その後、分割民営化で発足したJR東海は、これらの競合私鉄路線に対抗すべく、ダイヤや車両の改善に着手した。本番台は、関西本線の輸送改善にあたり老朽化・陳腐化した165系を置き換えるため、JR東海が投入した車両である。

1989年から1991年にかけて2両編成14本(28両)が投入され、関西本線の輸送改善を果たした。2018年4月1日現在、全車が大垣車両区に配置されている[16]

[4]前ページ
(4.5.改造)
[6]次ページ
(5.2.構造)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/29 05:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant