サービス終了のお知らせ
国道354号
▼人気記事ランキング
3.路線状況
3.2.バイパス
東毛広域幹線道路(高崎市 - 邑楽郡板倉町)
高崎駅東口線(高崎市)
高崎第二バイパス(高崎市)
高崎玉村バイパス (高崎市 - 佐波郡玉村町)
玉村伊勢崎バイパス(佐波郡玉村町 - 伊勢崎市)
南部幹線(伊勢崎市)
境バイパス(伊勢崎市)
新田太田バイパス(伊勢崎市 - 太田市)
太田バイパス(太田市)
東毛幹線(太田市 - 邑楽郡大泉町)
大泉邑楽バイパス(邑楽郡大泉町 - 邑楽郡邑楽町)
館林バイパス(邑楽郡邑楽町 - 館林市)
板倉バイパス(館林市 - 邑楽郡板倉町)
板倉北川辺バイパス(邑楽郡板倉町 - 埼玉県加須市)
新三国橋、柏戸陸橋(加須市 - 茨城県古河市)
古河境バイパス : 事業中(古河市 - 猿島郡境町)
境岩井バイパス : 事業中(猿島郡境町 - 坂東市)
2015年(平成27年)3月29日、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)境古河インターチェンジ (IC) の供用と同時に、境町猿山 - 境町蛇池地内の供用を開始[34]茨城県道17号結城野田線と境古河ICを結ぶ。
岩井バイパス(坂東市)
岩井水海道バイパス(坂東市 - 常総市)
水海道有料道路(常総市)
水海道バイパス(常総市)
谷田部バイパス(つくば市)
土浦バイパス(土浦市)
深谷バイパス(かすみがうら市)
かすみがうら市深谷地区の道路改良事業で2001年(平成13年)7月19日に開通したバイパス道路[19]。当該パイパスの南側で平行する旧道は深谷地区の集落を抜ける道路で、バイパス開通以降は市道となっている[30]
北浦バイパス(行方市 - 鉾田市)
行方市次木から鉾田市札までの、かつて狭隘道路であった区間の道路改良事業で開通したバイパス。北浦を渡る鹿行大橋(ろっこうおおはし)を含む。北浦バイパス開通前の小舟津十字路 - 大洋村札間はその狭さから、俗に言う「酷道」のひとつに数えられることがあった。北浦を渡る鹿行大橋の旧橋は擦れ違いに充分な幅員がなく、道路の北側に設けられた3ヶ所の退避所で擦れ違いが行われていた[注釈 10]。また、橋の手前の小舟津十字路交差点(茨城県道2号水戸鉾田佐原線交点)からの約100メートルの区間は一方通行となっており、鉾田・鹿行大橋側から土浦方面へ行くには、一度並走する茨城県道2号水戸鉾田佐原線を走行するしかなかったが、2012年4月26日に鹿行大橋架け替えも含めた北浦バイパス(総延長5.600 km)が開通した[29][47]ことにより、この問題は解消された。鹿行大橋に関しては2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)で旧橋が崩落し[48]、新橋が開通するまで通行できない状態が続いていた。
大蔵バイパス(鉾田市)
[4]前ページ
(3.1.通称)
[6]次ページ
(3.3.有料道路)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/11 07:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant