サービス終了のお知らせ
国道122号
▼人気記事ランキング
3.路線状況
3.1.バイパス
バイパスの建設後は主に県道や市町道へ降格がされているため、ほとんどが本線となっている。
以下のうち、八重笠道路と館林明和バイパス[13]は共に本線とは片方ずつしか接しておらず、両者の移動には国道354号東毛広域幹線道路を利用することとなる。

足尾バイパス(日光市足尾地区)
太田バイパス(東今泉道路)(太田市内)
八重笠道路(太田市 - 大泉町)
太田バイパスの延伸部的な役割を成しており、国道354号東毛広域幹線道路に接続している。
館林バイパス(館林市)
事業推進中。計画では館林明和バイパスから北へ延伸する形で本線へ接続することとなっており、館林市の環状道路の一部を成す形とされている。
館林明和バイパス(館林市 - 明和町)
国道354号東毛広域幹線道路に接続する。
羽生バイパス(羽生市)
途中国道125号と重複しているが、行田バイパス加須羽生バイパス双方の往来に利用されるため、実質両国道のバイパス同士が重複し合う形となっている[14]
騎西菖蒲バイパス(加須市 - 白岡市)
既存区間である加須市内は当初「騎西バイパス」という名称であった。
蓮田岩槻バイパス(蓮田市 - さいたま市岩槻区)
岩槻区内は暫定2車線で、現在上り線の建設が進められている。
岩槻鳩ヶ谷バイパス(さいたま市岩槻区 - 川口市)
正式な名称ではないが、蓮田岩槻バイパスと連続して東北自動車道を挟む形となっており、そのまま川口JCTにて上下線が合流し、川口市内の4車線道路へと繋がっている。
[4]前ページ
(3.路線状況)
[6]次ページ
(3.2.通称)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/08 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant