国際連合
▼人気記事ランキング
4.言語
国連事務局の作業言語は、英語フランス語である[72]。実質的には英語が使用されることが多い[73]。国連の公用語は、英語、フランス語、ロシア語中国語スペイン語アラビア語の6言語[72]である。公式文書と公式会合での発言は、最小限これらの公用語に翻訳される。国連発足時からの公用語は、現在の言語よりアラビア語を除いた5言語であった[74]。アラビア語が公用語に追加されたのは、1973年の第30回総会においてである[75]
国際連合本部は米国ニューヨーク市に置かれているが、国際連合で用いられている英語はイギリス英語である。日付が「24 October 1945」と表記されたり(アメリカ英語:「October 24, 1945」)、単語のつづりが「organisation」など英国式になったりする(アメリカ英語: organization)。
[4]前ページ
(3.4.関連機関)
[6]次ページ
(5.財政)

72. Official languages of the United Nations 国際連合
73. 国連でのフランス語使用拡大を、仏大統領特使が要望 AFP BBNews 2010年02月06日 15:47 発信地:国連本部/米国
74. 2(1). Rules of procedure concerning languages (PDF)”. 国際連合. 2013年9月14日閲覧。
75. 3190(XXVIII). Inclusion of Arabic among the official and the working languages of the General Assembly and its Main Committees (PDF)”. 国際連合. 2013年9月14日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/22 00:01
ソ人気記事ランキング
2018/06/21 更新
 1位寺田屋事件
 2位大阪府北部地震
 3位ドーハの悲劇
 4位セオドア・カジンスキー
 5位6月20日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant