国際女性デー
▼人気記事ランキング
2.世界の状況
国際女性デーは、アフガニスタン、アンゴラ、アルメニア[13]、アゼルバイジャン[14][15]、ベラルーシ[16]、ブルキナファソ[17]、カンボジア[18]、中国(女性のみ)[19]、キューバ[20]、ジョージア[21]、ギニアビサウ、エリトリア、カザフスタン[22]、キルギスタン[23]、ラオス[24]、マダガスカル(女性のみ)[25]。 モルドバ[26]、モンゴル[27]、ネパール、ロシア、タジキスタン、トルクメニスタン、ウガンダ、ウクライナ[28]、ウズベキスタン[29]、ザンビア[30]において、公式の祝日と定められている。

ベトナム[31]、カメルーン[32]、クロアチア[33]、ルーマニア[34]、ボスニア・ヘルツェゴビナ[35]、ブルガリア[36]、チリ[37]などの国では、祝日ではないものの幅広く認知されている。近年では、男性が生活の中で関わる女性(友人、母親、妻、恋人、娘、同僚など)に花や小さな贈り物を贈るのが通例となっている。また、ブルガリアやルーマニアなどの国では、子どもたちが母親や祖母に小さなプレゼントを贈る、母の日と同等の記念日と認識されている[34]。ロシアでは、記念日に対する政治的な意味合いはほとんどなくなり、単に女性や女性の美を尊重する日になっている[38]

[4]前ページ
(1.起源)
[6]次ページ
(3.日本の状況)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/13 01:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/26 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位田口淳之介
 5位5月25日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant