サービス終了のお知らせ
国際女性デー
▼人気記事ランキング
9.参考文献
伊藤セツクララ・ツェトキンの婦人解放論有斐閣、2019年12月、。全国書誌番号:84027466NCID BN00863476OCLC 719133505ASIN 4641074763NAID 500000036066。文献、文献一覧、年譜、家系図、同時代人、人名解説、人名索引、事項索引あり。
伊藤 セツ『国際女性デーは大河のように』御茶の水書房、2003年8月。全国書誌番号:20493276NCID BA6365537XOCLC 676577637ASIN 4275002881年表・文献資料・図版などあり。
川口 和子、小山 伊基子、伊藤 セツ『国際婦人デーの歴史』校倉書房、1980年2月。ASIN 475171290X
緒方貞子『女性と復興支援 : アフガニスタンの現場から』ユニフェム日本国内委員会、岩波書店岩波ブックレット〉、2004年2月。全国書誌番号:20566531NCID BA65670727OCLC 54922708ASIN 4000093142
全国婦人新聞社『「世界女性行進」銀座集会・パレード(2005.03.08 : 東京・中央区・水谷橋公園〜銀座)』(35mmフィルム, L判 (89mm×127mm))〈全国婦人新聞社取材写真コレクション〉、2005年3月8日。
南コニー (Minami, Connie)「"International Women's Day" 100 周年記念によせて ("International solidarity is needed for international women's day")」『Gender and sexuality : journal of Center for Gender Studies』第6巻、国際基督教大学、2011年3月31日、 107-116頁、 ISSN 18804764NAID 110008430525OCLC 224936427NCID AA12163540、2017年3月11日閲覧。
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/18 10:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant