国際純正・応用化学連合
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
国際純正・応用化学連合(こくさいじゅんせい・おうようかがくれんごう、: International Union of Pure and Applied ChemistryIUPAC)は、各国の化学者を代表する国内組織の連合である国際科学会議の参加組織である[2]。IUPACの事務局はノースカロライナ大学チャペルヒル校デューク大学ノースカロライナ州立大学が牽引するリサーチ・トライアングル・パーク(アメリカ合衆国ノースカロライナ州)にある。また、本部は、スイスチューリッヒにある。[3]。2018年12月4日現在の事務局長は、周其鳳が務めている。
IUPACは、1919年に国際応用化学協会(International Association of Chemical Societies)を引き継いで設立された[4]。会員となる各国の組織は、各国の化学会や科学アカデミー、または化学者を代表するその他の組織である。54カ国の組織と3つの関連組織が参加している[2]。IUPACの内部組織である命名法委員会は、元素化合物の命名の標準(IUPAC命名法)として世界的な権威として認知されている。創設以来、IUPACは、各々の責任を持つ多くの異なる委員会によって運営されてきた[5]。これらの委員会は、命名法の標準化を含む多くのプロジェクトを走らせ[6]、化学を国際化する道を探し[7]、また出版活動を行っている[8][9][10]
IUPACは、化学やその他の分野での命名法の標準化で知られているが、IUPACは、化学、生物学、物理学を含む多くの分野の出版物を発行している[11]。これらの分野でIUPACが行った重要な仕事には、核酸塩基配列コード名の標準化や、環境科学者や化学者、物理学物のための本の出版、科学教育の改善の主導等である[11][12]。また、最古の委員会の1つである原子量及び同位体存在度委員会による元素の原子量の標準化によっても知られている。
目次
1.創設と歴史
2.委員会とガバナンス
3.発行物
4.命名
├4.1.有機化合物
└4.2.無機化合物
5.アミノ酸と核酸塩基のコード
6.世界化学年
7.出典
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/12/04 17:00
ソ人気記事ランキング
2018/12/15 更新
 1位島田さくら
 2位日本
 3位艶堂しほり
 4位上沼恵美子
 5位12月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant