国際空港
▼人気記事ランキング
5.名称
5.2.日本における「○○国際空港」
日本では、「○○国際空港」と称する空港は、かつて、空港整備法において「第一種空港」に指定されていた。これらには東京国際空港(羽田空港)・成田国際空港(成田空港)・大阪国際空港(伊丹空港)・関西国際空港(関西空港)・中部国際空港(セントレア)があった。これらは、正式名称(法令上の名称)の中に「国際空港」の名が入っている。

このうち羽田空港と伊丹空港はかつては国際線が多く就航していたが、国内線および国際線の需要の逼迫により、羽田空港発着便は成田空港開港時に大半の路線が成田空港に移管した。ただし2010年に行われた羽田空港の国際線ターミナル開業により、羽田発着の国際線が増加している。また、伊丹発着便は関西空港開港により1994年9月3日に国際線の運航は終了、翌4日からは全ての国際線が関西空港に移管され、税関検疫などの施設も移転された。

現在の空港法(2008年6月18日空港整備法から改称)では、第4条で「国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港」として、成田国際空港・東京国際空港・中部国際空港・関西国際空港・大阪国際空港の5つが指定されている(大阪国際空港は空港法改正時点では外されていたが、関西国際空港との一元管理化により追加された)。

最近では、仙台空港(仙台国際空港)や佐賀空港(九州佐賀国際空港)のように、愛称名に「国際空港」が入るケースがあり、前者は運営会社の名前にも入っている。また福岡空港の運営会社は福岡国際空港である。

[4]前ページ
(5.1.○○国際空港と言う名称)
[6]次ページ
(5.3.国際線定期路線が就航する日本の空港)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/09 01:01
ソ人気記事ランキング
2019/11/21 更新
 1位日本
 2位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 3位小川博
 4位沢尻エリカ
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant