サービス終了のお知らせ
国際医療福祉大学
▼人気記事ランキング
1.概説
1.1.成田における医学部新設
医療費抑制政策の一環として、政府は長年、医学部の新設を認めなかった[3]。成田キャンパスの医学部は国家戦略特区制度により新設が認められた[4][広報 2]。成田市は、新東京国際空港(成田空港)の地元という立地を生かした「医科系大学及び成田国際空港を核とした医療産業集積構想」を策定し、国家戦略特区による医療学園都市構想を提案していた[広報 3]。この構想の一部として、国際医療福祉大学が「国際医療福祉大学医学部設置準備委員会」を設立して医学部新設を検討し[広報 4]、実現した。近年の医師不足を背景に、日本の私立大学の医学部で最も低い授業料を目指した

成田市が取得の市有地を無償貸与して[5]補助金45億円を負担し[6]、千葉県が補助金35億円を負担した[6]

成田キャンパスは成田看護学部と成田保健医療学部の2学部で京成本線公津の杜駅前に2016年4月開校[7]、さらに2017年4月には医学部が新設された[1]

国際性を重視する特区認定の趣旨により、医学部は定員140人のうち20人が留学生枠。1年生後期から2年生にかけて、ほとんどの授業が英語で行われる。さらに6年次には4週間以上の海外臨床実習を義務付けるカリキュラムで、約30の国・地域に協力施設を確保している[8]

[4]前ページ
(1.概説)
[6]次ページ
(2.歴史)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/12 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant