国語 (中国語)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
シナ・チベット語族 > シナ語派 > 中国語 > 標準中国語 > 国語 (中国語) 国語(こくご、國語)は、中華民国が公用語として普及を進めた標準中国語中華民国国語(ちゅうかみんこくこくご、中華民國國語?音: Zh?nghu? M?ngu? Gu?y?注音: ??? ???? ???? ???? ???? ??)と呼称・表記される場合もある。従来の官話の名を改めたもので、中華民国が中国大陸を統治していた時期に国語運動を通じて規範が整えられた。北京語音を標準音とする。
中華人民共和国が成立するとその実効統治下にある中国大陸において、標準中国語は普通話と改められて整備・普及が進められた。一方国語運動は、中華民国政府の移転先となった台湾地区で行われ、民主化・台湾本土化が進むまで国語以外の「方言」に対しては抑圧的な政策が採られた。国語は、普通話と相互理解が可能だが、普通話と比べてr化音や軽声の使用比率が低く、規範的・一般的な発音・用語などが異なる場合がある。このほか中華人民共和国と異なる点として、中華民国では繁体字(正体字)を漢字の規範字体として用い、発音の表記には注音符号を用いることが挙げられる。
現代の台湾で使われ、発音や語彙の面で台湾語などから影響を受け、公的な規範から外れるような特徴がある国語を、特に台湾国語または台湾華語という。台湾国語では、台湾語のほか客家語日本語の影響が現れている例がある。
本項では、主に中華民国統治下における国語運動・国語推進政策の歴史を概観する。
目次
1.概要
2.国語推進の歴史
├2.1.中国大陸における「国語」
└2.2.台湾における「国語」
3.参考文献
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/11 23:32
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant