国境
▼人気記事ランキング
3.国境の透過性
3.1.国境を開放している地域
ヨーロッパ統合の成果としてシェンゲン協定実施国[1]では、このような国境での出入国管理は廃止されている。この結果、シェンゲン協定実施国内においては、EUや通貨統合の成果と相まって、国境の意味が薄れているため、少数民族問題が解消されつつある。例えばイタリア南チロル地方に住むドイツ系住民においては、独立を求めない現状維持派が多数を占めるようになっている。これはイタリア領からオーストリア領、ドイツ領へ往来や労働が自由であり、ユーロにより経済的障壁も解消されているからである。
バチカンサンマリノはそれぞれイタリアとの国境を開放している。
イギリスアイルランドは国境を開放している。(en:Common Travel Area)
ベラルーシロシアは国境を開放している。(ベラルーシ・ロシア連合国家を参照)
インドネパールも国境を開放している。
オーストラリアニュージーランドクック諸島ニウエ間も国境を開放している。
スペインのOs de Civ?sは、スペインと地続きでありながら車が通行できないため、アンドラを経由しないとたどり着けない[2]。そのため、Os de Civ?sではアンドラとの国境を開放しているようである。
[4]前ページ
(3.国境の透過性)
[6]次ページ
(3.2.国境閉鎖)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/01 03:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant