国学
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.4.対外膨張の思想
本居宣長は寛政2年(1796年)に『馭戒慨言(ぎょじゅうがいげん)』を刊行したが、中野等によればこの書名は「中国・朝鮮を西方の野蛮()とみなし、これを万国に照臨する天照大御神の生国である我が国が「馭めならす」、すなわち統御すべきものとの立場による」という[3]。内容も「日本中心主義と尊内外卑に立って」外交交渉の歴史を解説している[3]佐藤信淵は『宇内混同秘策』において「凡ソ他邦ヲ經略スルノ法ハ弱クシテ取リ易キ処ヨリ始ルヲ道トス今ニ當テ世界萬國ノ中ニ於テ皇國ヨリシテ攻取リ易キ土地ハ支那國ノ滿州ヨリ取リ易キハナシ」と述べ[4]出雲松江長州博多から朝鮮半島を攻撃するという具体案を提示している[3]。さらに「武力によって満州支那台湾フィリピンを攻め、南京皇居を移し、全世界を全て皇国の郡県となす」と世界制覇を夢想している[5]吉田松陰は「朝鮮を責めて、質を納れ、貢を奉ずること古の盛時のごとくならしめ、北は満州の地を割き、南は台湾、呂宋諸島を収め、進取の勢を示すべき」「国力を養ひて取り易き朝鮮、支那、満州を斬り従えん」と獄中から弟子たちに書き送り[6]、弟子の桂小五郎は征韓論を唱え、秦郁彦はやがて明治初年にはこれが具体化し征韓論が台頭したと主張している[7]

[4]前ページ
(2.3.復古思想の流れ)
[6]次ページ
(2.5.実証による文献考証の流れ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/25 08:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant