サービス終了のお知らせ
高野山
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
地理院地図 Googleマップ 高野山
高野山(こうやさん)とは、和歌山県北部、和歌山県伊都郡高野町にある周囲を、1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地を指す。
平安時代弘仁7年(816年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)が下賜され、修禅の道場として開いた日本仏教における聖地の1つである。
現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)、大本山宝寿院のほか、子院が117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている[1]
2004年(平成16年)7月7日高野山町石道と金剛峯寺境内(6地区)、建造物12件が熊野吉野大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコ世界遺産に登録された[2]。さらに2016年(平成28年)10月24日、高野参詣道(町石道を含み登録名称変更)として黒河道女人道京大坂道不動坂三谷坂丹生酒殿神社含む)が世界遺産に追加登録された。
目次
1.地理
└1.1.気候
2.主な施設・寺院
3.歴史
4.主な名物、みやげ
5.交通アクセス・ガイド
6.唱歌における高野山
7.自然
└7.1.高野六木
8.高野七口
9.高野にちなむ名称
10.周辺の関連寺社
11.備考
12.脚注
13.参考文献
14.関連項目
15.参考文献
16.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/09 19:40
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant