サービス終了のお知らせ
高分子ゲル
▼人気記事ランキング
3.高強度ゲル
高分子ゲルはその不均一網目構造の為、一般に機械的強度が大変低く産業への応用は限られたものである。近年になり優れた力学強度を持つゲルが開発されてきている。
ポリロタキサンを利用してユニークな8の字架橋点をもつトポロジカルゲル(TPゲル)が伊藤耕三らによって作成され、その透明かつ高い延伸性が発見された。このゲルは8の字をした架橋点が可動であるという、物理ゲルや化学ゲルに分類されない新しいゲルである[1]。その後、竹岡敬和らは伊藤らとともにポリロタキサンにビニル基を修飾した架橋剤を調製し、それを、様々なビニルモノマーと重合することで、色々なゲルに高伸張性を発現できることを示した[2]。原口和敏らは溶媒に分散した数十nmの板状無機粘度鉱物(クレイ)を架橋点とするナノコンポジットゲル(NCゲル)を作成した。このゲルも高い延伸性と透明度を持つ[3]。また?剣萍らによって独立した2重網目構造を持つダブルネットワークゲル(DNゲル)が作成された。このゲルは硬くて脆い電解質ゲル網目と柔軟な中性ゲル網目から成り、生体軟骨やゴムのような高弾性・高靱性を示す[4]

[4]前ページ
(2.機能性高分子ゲル)
[6]次ページ
(4.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/13 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/16 更新
 1位日本
 2位槇原敬之
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant