サービス終了のお知らせ
香港天文台
▼人気記事ランキング
3.その他
テレビやYouTubeやFacebookで「気象冷知識」(「冷知識」は日本語の「豆知識」に当たる)という教育番組を配信している。天気予報の番組と同じく、天文台の職員の自ら出演することが多い。主題歌「天気の声」も天文台の職員が作曲及び演奏担当[6]であり、エンディングでクレジットしてある。中国語字幕あり。日本を訪れてインタビューしたこともある[7]
米国がTIROS-8という衛星の打ち上げに伴い、1966年、天文台の職員はラジオ1台・テレビ1台とアンテナだけでその衛星の信号を接収し[8]、広く報じられる[9]
世界気象機関の世界気象情報サービスというサイトは、香港天文台が管理している[10]
国際雲図帳のウェブページ版は、香港天文台が開発したものである[11][12]
[4]前ページ
(2.7.天文業務)
[6]次ページ
(4.組織)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/16 14:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant