軍事学者
▼人気記事ランキング
概要
軍事学者(ぐんじがくしゃ)は、軍事学の研究者のことである。戦争学者、防衛学者とも呼ばれる。なお軍事学は軍学とは全く別の学問なので、軍学者は軍事学者ではない。また、兵学は軍事学・軍学の双方を指す学問なので、兵学者といったときは軍事学者と軍学者のどちらを指すか、また軍事学者・軍学者の総称として使っているかを読み取る必要がある。
本項目では軍事学者の一覧を掲げる。
軍事学者一覧
孫武 『孫子』の著者。
オナサンドロス 『将帥論』の著者。
フロンティヌス 『謀略論』の著者。
ウェゲティウス 『古代ローマ人の軍制』の著者。
ニッコロ・マキャヴェッリ 近代軍事思想の古典『君主論』、『戦術論』の著者。
ライモンド・モンテクッコリ 『戦闘論』、『戦争論』、『兵術論』の著者。
フォラール 『戦争における新発見』、『ポリビウス史考察』の著者。
モーリス・ド・サックス 『我が瞑想』の著者。
ジャック・ド・ピュイセギュール 『原理と原則による兵術』の著者。
レオーン6世 『戦術論』の著者。
マウリキウス 『戦略論』の著者。
ポール・ギデオン・ジョリィ・マイゼロア 『戦術の理論、実践および歴史に関する講義書』の著者
ジャック・アントワーヌ・ギベール 『戦術一般論』の著者。
セバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバン 『要塞攻囲論』、『要塞防御論』の著者。
マウリッツ 『武器の操作、火縄銃・マスケット銃・槍について』
アレクサンドル・スヴォーロフ 『勝利の技術』の著者。
グスタフ2世アドルフ 
フリードリヒ2世 『七年戦争史』、『プロイセン国王の将軍への軍事教令』『軍事的遺言』の著者。
ナポレオン1世 『ナポレオン格言集
ヘンリー・ロイド 『軍事的回想』の著者。
ビューロー 『新戦争体系の精神』の著者。
ゲオルグ・ハインリッヒ・フォン・ベレンホルスト 『兵術についての考察』の著者。
ゲルハルト・フォン・シャルンホルスト 『士官のための応用軍事科学』、『野戦必携』の著者。
テシェン公カール 『軍事の精神』の著者。
アントワーヌ=アンリ・ジョミニ 『戦争概論』、『大軍作戦概論』の著者。
カール・フォン・クラウゼヴィッツ 『戦争論』の著者。
デニス・ハート・マハン 『部隊の前衛、前哨及び分遣に関する初等論文』の著者。
ヘンリー・ハレック 『軍事技術と科学の要素』の著者。
ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ 『高級指揮官に与える教令』の著者。
コルマール・フォン・デア・ゴルツ 『国民皆兵論』の著者。
フリードリッヒ・フォン・ベルンハルディ 『将来の戦争』の著者。
アルフレート・フォン・シュリーフェン 『カンネー』の著者。
マクデューガル 『戦争の理論』、『近代砲兵により影響される近代戦闘』の著者。
エドワード・ブルース・ハムレー 『戦争の作戦』の著者。
ドゥ・ピック 『戦闘の研究』の著者。
フェルディナン・フォッシュ 『戦争の原則』、『戦争指導論』の著者。
フリードリヒ・エンゲルス 『蜂起』、『フランスにおける階級闘争』の著者。
レフ・トロツキー 『赤軍の形成』、『軍隊建設における我々の政策』の著者。
イワン・ブロッホ 『将来の戦争』の著者。
エーリヒ・ルーデンドルフ 『総力戦 (ルーデンドルフ)』の著者。
カール・ハウスホーファー 『太平洋地政学』の著者。
ハンス・フォン・ゼークト 『一軍人の思想』
ハインツ・グデーリアン 『電撃戦 (グデーリアン)』、『戦車に注意せよ』の著者。
エルヴィン・ロンメル 『歩兵攻撃』の著者。
ハンス・デルブリュック 『政治史の枠組における戦争術の歴史
ゲルハルト・リッター 『国家政策と戦争手段』の著者。
ジョン・フレデリック・チャールズ・フラー 『大戦における戦車』、『戦争科学の基礎』、『制限戦争指導論』の著者。
ベイジル・リデル=ハート 『ナポレオンの亡霊』、『近代軍の再建』、『戦略論』、『抑止か防衛か』の著者。
ミハイル・フルンゼ 『統一ドクトリンと赤軍』の著者。
トリアンダフィーロフ 『近代軍の作戦の本質』の著者。
ミハイル・トゥハチェフスキー 『階級戦争』の著者。
ジュリオ・ドゥーエ 『制空』の著者。
ウィリアム・ミッチェル 『空軍による防衛』の著者。
フアン・ペロン - 軍事史家。日露戦争の研究など。
アレクサーンドル・セーヴェルスキイ
ブジョー 『入植に関するメモワール』の著者。
トーマス・エドワード・ロレンス 『知恵の七柱』の著者。
毛沢東 『遊撃戦論』、『持久戦論』の著者。
ヴォー・グエン・ザップ 『人民の戦争・人民の軍隊』の著者。
チェ・ゲバラ - 『ゲリラ戦争』の著者。
アルフレッド・セイヤー・マハン 『海上権力史論』、『海軍戦略 (マハン)』の著者。
ジュリアン・コーベット 『海洋戦略の諸原則』の著者。
ラウル・カルテックス 
ダリユ 『海戦史論』の著者。
ジョルジュ・カステラン 『軍隊の歴史』の著者。
カルロス・マリゲーラ - 『都市ゲリラ教程』の著者。
コリン・グレイ 『現代戦略』の著者。
バーナード・ブローディ 『戦争と政治』の著者。
ローレンス・フリードマン 『核戦略の進化』の著者。
ジョン・キーガン 『戦略の歴史』の著者。
エドワード・ルトワック 『ペンタゴン』、『戦略』の著者。
マーチン・ファン・クレフェルト 『補給戦』、『戦争の変遷』の著者。
ルパート・スミス 『軍事力の有用性』の著者。
ステファン・ビドル 『軍事力 (ビドル)』の著者。
マイケル・ハワード
四手井綱正戦争史概観』の著者
村上啓作戦争要論』の著者、『統帥参考』の編纂主任者
石原莞爾戦争史大観』、『世界最終戦論』の著者
伊藤鳳山
大江志乃夫
大鳥圭介
大村益次郎
楠木正辰
纐纈厚
柴田紳一
玉木文之進
戸部良一
野村実
原剛
藤原彰
北条氏長
山鹿素行
山田朗
由井正雪
吉田松陰
吉田裕
関連項目
軍事著作家一覧
出典:Wikipedia
2016/10/16 21:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/25 更新
 1位日本
 2位文京区幼女殺人事件
 3位飯田祐基
 4位名古屋小6受験殺人事件
 5位山本美香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant