君といつまでも
▼人気記事ランキング
1.概要
収録は毎日放送千里丘放送センターで行われた。編曲(アレンジ)が気に入った加山が、嬉しさのあまり「いやあ、幸せだなぁ」と呟いた。そのことから、後に流行語となる台詞が間奏に収録されることとなった[1]

300万枚を超える大ヒットになり[2]1966年第8回日本レコード大賞の特別賞となった。

1966年には、アメリカキャピトル・レコードからシングル盤が発売されている。曲名表記は「君といつまでも」が「Love Forever (Kimi-To-Itsumadero)」(ママ)、「夜空の星」が「A Star In The Night (Yozara No Hoshi)」。

加山の主演映画『エレキの若大将』(1965年、東宝/岩内克己監督)では、主題歌として、「君といつまでも」と「夜空の星」がともに歌われている。

「君といつまでも」は『アルプスの若大将』(1966年東宝古澤憲吾監督)の主題歌としても使われている。また、草刈正雄主演の『がんばれ!若大将』(1975年、東宝/小谷承靖監督)と『激突!若大将』(1976年、東宝/小谷承靖監督)では、オープニングの「東宝マーク」のBGMに使われた。更に、2003年度下半期の連続テレビ小説てるてる家族』(NHK大阪放送局製作)の第81話でも使用された。

また、「夜空の星」は1991年に、加山自身のセルフカバーとして日産・アトラスのCMソングに起用された。

桑田佳祐が『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』で「君といつまでも」の歌詞を変えて披露しようとしたが、過激すぎて放送できなかった。また、2014年に自身のラジオ番組の公開収録企画で歌唱した際は歌詞は原曲通りだったものの、セリフの部分は加山を称えるものに変えられ[3]、同年8月22日に日本武道館で行った加山のコンサートに桑田がゲスト出演した際にもセリフの部分を「僕、言っていいですか?」と許可を取った上で担当した[4]

2017年2月6日より「君といつまでも」がインストゥルメンタルバージョンとしてサントリートリスクラシック」のCM使用曲として起用されている。

[6]次ページ
(2.収録曲)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/16 20:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/21 更新
 1位日本
 2位千と千尋の神隠し
 3位玄倉川水難事故
 4位8月20日
 5位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant