君が代
▼人気記事ランキング
6.君が代に関する諸説
6.1.作詞者について
『古今和歌集』収載の賀歌「我が君は 千代に八千代に さゞれ石の 巌となりて 苔のむすまで」は「読人知らず」とされてきたが、その作者は文徳天皇の第一皇子惟喬親王に仕えていたとある木地師だったとする説がある。それによれば、当時は位が低かったために「読人知らず」として扱われたが、この詞が朝廷に認められたことから、詞の着想元となったさざれ石にちなみ「藤原朝臣石位左衛門」の名を賜ることとなったというものである。

また、上述の堯智『古今和歌集陰名作者次第』では、この歌の作者は橘清友ではないかとしている[26]

[4]前ページ
(5.評価)
[6]次ページ
(6.2.松永文相報告)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/18 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/18 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant