サービス終了のお知らせ
君が代
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
君が代』(きみがよ)は、日本国歌
10世紀初頭における最初の勅撰和歌集である『古今和歌集』の「読人知らず」の和歌を初出としている[1][2]。作詞者が世界で最も古いといわれている。当初は「祝福を受ける人の寿命」[2]を歌ったものだが、転じて「天皇の治世」を奉祝する歌[2][3]となった。1869年明治2年)に薩摩琵琶の『蓬莱山』にある「君が代」を歌詞として選んだ歌が原型となっている。その後1880年明治13年)に宮内省雅楽課が旋律を改めて付け直し、それをドイツ人の音楽教師フランツ・エッケルト西洋和声により編曲したものが、1893年明治26年)の文部省文部大臣井上毅の告示以降[注釈 1]、儀式に使用され、1930年には国歌とされ[注釈 2]、定着した[1]1999年平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」で正式に日本の国歌として法制化された[4]。世界で最も短い国歌である[5]
目次
1.歌詞
2.礼式曲「君が代」制定までの歴史
├2.1.和歌としての君が代
├2.2.諸文芸・諸芸能と「君が代」
└2.3.礼式曲「君が代」の成立
3.国歌「君が代」の成立
├3.1.第二次世界大戦前
├3.2.第二次世界大戦後
└3.3.現状
4.楽曲としての「君が代」
├4.1.拍子と調子
└4.2.テンポと演奏時間
5.評価
6.君が代に関する諸説
├6.1.「九州王朝」起源説による解釈
├6.2.作詞者について
└6.3.松永文相報告
7.歌唱・演奏した著名人
8.関連する楽曲
9.参考音源
10.脚注
├10.1.注釈
└10.2.出典
11.参考文献
├11.1.書籍
├11.2.雑誌論文
└11.3.その他
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/03 10:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant