桑田真澄
▼人気記事ランキング
2.選手としての特徴
高校時代はストレートカーブだけで投球することを自分への試練としていたが、プロ入り2年目の1987年にはスライダーを習得し投球の幅を広げ、1988年にはスプリット(通称・サンダーボール)の習得に取り組んだ[94]

高校時代はエースとして活躍する一方、打者としても試合によっては清原和博以上の打率や本塁打数を出したこともあり、プロに入ってからも打撃には定評があった[96]

投手としては恵まれない体格ながら、理想的な投球フォームと、野球に取り組む真摯な態度によって、彼を模範とするプロスポーツ選手も多い[97]

[4]前ページ
(1.4.現役引退後)
[6]次ページ
(3.指導に対する立場)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/07 14:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/14 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位12月13日
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant