熊谷連続殺人事件
▼人気記事ランキング
5.刑事裁判
5.1.第一審・さいたま地裁(裁判員裁判)

第1回公判(2018年1月26日、冒頭陳述)[編集]


2018年(平成30年)1月26日、裁判員裁判の初公判が、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれた[56][57][58][59][60][61][62][63][64][65][66][67][68]

冒頭陳述で、検察側は「被告人は、金を奪う目的で6人を殺害した」[60][59]、「発見困難な場所に遺体を隠したり、血痕を拭ったりするなど、自己防衛的な行動を取っていることから、違法性を認識していた」と指摘した[68][60][59]

その上で、「被害妄想はあったが幻覚や幻聴はなかった」と述べ[68]、完全な責任能力があることを主張した[60][59]

また、証拠調べで検察側は、「最初の被害者宅の室内などに、被告人のものとみられる足跡があった」、「現場に残された飴玉などに付着した唾液のDNA型を鑑定したところ、被告人のものと一致した」などと主張した[68]

一方、被告人は、被害者遺族がいた傍聴席をにらみつけたり[62]、裁判官から起立するよう促されても、動こうとしなかったりなど、公判を傍聴していた女性曰く、「話を聴いていない印象で態度がよくない」態度を取っており、裁判長から警告される一幕もあった[63]。弁護側は同日、罪状認否を留保した[59]

その後被告人は、裁判長から「起訴内容に間違いはないか」と問われると、数分間沈黙した後[59]、「私もカップを頭の上に置いた」など[63][64][65]、裁判とは全く関係ない[59]、意味不明な発言をした[60]

被告人の弁護人を務める、弁護士・村木一郎は[69]、「被告人は事件について語れない」として、認否についての意見を留保した上で、「犯罪が成立するとしても、被告人は心神喪失状態だった」として、無罪を主張する方針を示した[60][59]

第2回公判(2018年1月29日、証人尋問)[編集]


2018年1月29日、第2回公判が開かれ、証人尋問が行われた[70][71]

最初の犠牲者となった夫婦の長男は、両親を失ってから2年となる、現在の心境について、「生まれてくる孫の顔を見せたかった。寂しい気持ちはあるが、仕事を一生懸命やることが、両親への一番の供養になると思う」と語った[71]。その上で、「犯人に一番重い処罰を望む」として、死刑判決を求めた[70]。また、110番通報者となった、夫婦妻の知人女性も出廷し、「無罪は絶対にありえない」と主張した[70]

第3回公判(2018年1月30日、証人尋問)[編集]


2018年1月30日、第3回公判が開かれ、証人尋問が行われた[72][73]

第3の事件で、妻・娘2人を失った、被害者遺族の男性が出廷し、被告人への量刑について、「絶対に許さない。死刑以上の判決があるなら、それを望みたい。3人が苦しんだ以上の苦しみを3回味わわせたい」として、可能な限りの厳罰を求めた[72][73]

第4回公判(2018年1月31日、証人尋問)[編集]


2018年1月31日、第4回公判が開かれ、証人尋問が行われた[74][75]

事件直後に負傷していた被告人が、逮捕前に入院していた病院の、担当医師が証人として出廷した[74][75]。医師は、「被告人は意識を回復した直後、自分が声を掛けると、1分間のやり取りの中で、間をおいて『2人、殺した』と言葉を発した」と証言した[74][75]

同日、被告人の17歳年上の実姉も、証人として出廷した[74][75]。姉は、「実家は貧しく、父が家族に暴力を振るうなど粗暴な性格だった。兄が犬を殺し、家に内臓を持ち込むこともあった」、「来日後に一緒に暮らしていた際、弟(被告人)が、『黒い影が現れて寝かせてくれない。家の中に悪いものがいる』と話していた」、「法廷での弟は、目が合っても無表情で、まるで別人みたいだ」と証言した[74][75]

第6回公判(2018年2月2日、証人尋問)[編集]


第5回公判が2月1日に開かれたのち[55]、第6回目公判が、2月2日に開かれた[76]

事件当時、捜査を担当していた、熊谷警察署の元署員が、証人として出廷した[76]。元署員は、「被告人は、住宅に侵入し、熊谷署に連行された際、神奈川県に住む姉に対し、署内で電話をかけていた」と明らかにした[76]

その上で、当時の様子について、「だんだんと感極まるような泣き出し方をした。どうしたのか尋ね、電話を替わろうとすると、被告人は、通話を切ってしまった。その後、別の警察官と共に、トイレ・喫煙所に行き、警察署の交差点を突っ切って逃走した」と証言した[76]

第8回公判(2018年2月7日、証人尋問)[編集]


第7回公判が2月6日に開かれたのち[55]、第8回公判が、2月7日に開かれた[77]

同日、被告人の姉が証言台に立ち、事件直前に弟と電話した内容について証言した[77]

被告人は、事件前日の12日、13日に、それぞれ複数回、姉と電話で会話した。最後の会話となった13日午前の電話で、被告人は「アパートの1、2階に住む、ペルー人とブラジル人が、『殺す』と言っている」と話したという[77]

事件当時の被告人の様子について、姉は「弟は当時、とても焦っておびえていた。意味不明なことを話していた。その原因は、寝不足によるストレスではないかと思う」と証言した[77]。また、被告人の人柄について、姉は「喧嘩している2人がいたら仲裁に入るタイプだ」と答えた[77]

第9回公判(2018年2月9日、被告人質問)[編集]


2月9日、第9回公判が開かれ、被告人質問が行われた[78][79][80][81]
[82][83][84][85][86]

被告人は、最初の約10分間は、弁護人が何を尋ねても言葉を発せず、うつむいていた[85]。その後、弁護人から、「日本で人を殺害したことがあるか」と質問されても[78][80][84][85]、スペイン語で「覚えていません」と[86]、計5回にわたって繰り返した[78][80][84][85][86]

その後、検察官から同様の質問をされると、被告人は「人たちを殺した」と述べた後、「それは私ではない」と話した[78]。検察側は、「被告人は事件前、周囲に『ヤクザに追われている』と話していた」と言及した上で[86]、「あなたが話していた『ヤクザ』とは、どんな特徴や服装の人か」と質問すると、被告人は「私が6人を殺した」と返答した[78]。しかしその後、被害者参加弁護人が「あなたは先ほど『6人殺した』と言ったか」と確認すると、被告人は「私がそんなことを言ったのか」と述べるなど、答えになっていない回答をした[78]

この他に、被告人は、「その文化は私にはどうでもいい」[86]、「私は耳が聞こえないし、目はひとつしかない。歯がない」[83]、「人肉を食べさせられた」、「猫が自分に言った」、「天使が落ちてきたから、耳鳴りがした」など、質問とはまったく関係ない[86]、意味不明な発言を繰り返したり[80]、起訴内容についての質問には、沈黙していたりと[81][84]、会話がかみ合わない場面が見られた[86]

その後、被害者参加制度を利用して出廷した、妻子3人を奪われた第3の事件の遺族男性が、被告人に質問した[79]。男性から、「あなたは家族を大事にしていますか」と問われると、被告人は「大事です」と返事したが、「その家族が全員殺されてしまったらどう思うか」という質問に対しては、明確に答えないなど、ちぐはぐな言動を繰り返した[79]

第10回公判(2018年2月13日、証人尋問)[編集]


2月13日、第10回公判が開かれ、証人尋問が行われた[87][88]

同日、弁護側の請求により、起訴後、被告人の精神鑑定を行った、精神科医が出廷し、「被告人は事件当時から、現在に至るまで、統合失調症の状態にある」と証言した[87]

医師は、被告人の現在の精神状態について、「自発的な行動や、周囲への反応が少なく、幻聴もある」と指摘した[87]。その上で、事件前の被告人の精神状態に関しては、本人の「追われている」などの証言や、熊谷署に所持品を残して逃走したことなどを挙げ、「切迫した身の危険からの逃避行中に、犯行が行われた。状況を誤って、被害的に確信しており、突発的・衝動的な行動が、事件に影響した可能性がある」という見解を示した。

また、被告人は、被害者の遺体を遺棄したり、盗んだ携帯電話や車の鍵を隠すなどの行動を取っていたが、この点についても、医師は「全体として、精神障害の症状がみられ、誤った思い込みによる行動の中で、犯行が起きている。被告人がどこまで、犯罪としての認識を持っていたかは、慎重に判断しないといけない」と述べた[87]

第11回公判(2018年2月14日、証人尋問)[編集]


2月14日、第11回公判が開かれ、前回公判同様、弁護側の請求で行われた精神鑑定を行った精神科医が、証人として出廷した[89][90]。この公判で実質審理が終了した[89]

精神科医は、「被告人は、犯行時は統合失調症であっても、一般論として『人を殺害することは悪いことだ』と理解しており、善悪の判断はついていたといえる」と証言した[89][90]

その一方で、被告人が、殺害行為を理解していたかについては、「被告人は、『命を奪っている』ということは認識していたと思うが、『なぜ、命を奪っているか』など、詳しい事情を理解していたかは分からない」と証言した[90]

また医師は、被告人が、事件前に知人に対して語った、「追われている」「殺される」などの、被害妄想・精神的不穏が、犯行に影響した可能性を指摘した上で、「妄想や不穏がなければ事件は起きなかったと思う」と証言した[89]

医師はこれに加えて、被告人が、事件現場となった複数の住宅で、財布を物色したり、遺体を隠したとされる行為についても、「妄想で説明がつくかどうか、何か現実的な理由があるかどうかなどは、本人の口から、一切説明が得られないので、判断できない」と語った[89]。そして、「公判前の鑑定時も、9日の被告人質問でも、被告人の心の中での事実がどうなっているか、意味のある答えは得られなかった」と証言した[89]

第12回公判(2018年2月19日、検察側論告求刑・弁護人最終弁論)[編集]


2月19日、検察側の論告求刑・弁護人の最終弁論が行われ、検察側は、被告人に死刑を求刑した[91][92][93][94][95][96][97][98]

この日は、論告に先立ち、被害者遺族の意見陳述があった[98][99][100][101][102][103][104][105][106][107][108][109][110][111][112][113][114][115][116]。3件目の被害者である、妻子を失った遺族男性は、「(犠牲となった)妻の人生、娘の人生は何だったのか。自分の家族が殺されて突然一人になったらどう思いますか」などと、裁判員らに訴え、「被告人を許せない」と述べ[98]、死刑判決を求めた[91]。また、同様に死刑を求める、2件目の被害者の妹の意見書も読み上げられた[91]

検察側は論告で、「遺体を隠したり、血痕を拭い取ったりなど、犯行を隠蔽するような行動を取っていることなどから、被告人には、責任能力が認められる」と主張した上で[96]、「全く落ち度のない他人の生命を害することで、利欲目的を達することなど到底許されない」、「極めて残虐で冷酷非道な犯行だ」と指弾した[94]

一方、認否を留保していた弁護人側は、最終弁論で、「検察側は、被害者らに対する強盗殺人罪を主張するが、被害者らの家に入ったのは、『自分が追われている』という妄想により、『追跡者から逃れるため』、家に入ったと考える方が自然だ」と主張し、「強盗殺人罪は成立せず、殺人罪・窃盗罪に留まる」と反論した[97]。その上で、「被告人は犯行当時、統合失調症の圧倒的影響下にあったため、善悪の区別がつかなかった。犯行を思いとどまれなかった疑いが残るなら、裁くことはできない」と訴え、心神喪失状態だったとして、無罪を主張した[97]

これまでの公判で、意味不明な発言を繰り返したり[117][118]、質問に対して明確に答えなかったり[119]、裁判官の指示に従わなかったりしていた被告人は[120]、最終意見陳述で、佐々木裁判長から発言を促されたが、何も話さなかった[95]。このため、公判を通じて、被告人からは、事件の核心に触れるような発言がないまま、結審を迎えた[95]

第13回公判(2018年3月9日、判決言い渡し)[編集]


2018年3月9日、判決公判が開かれ、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)は、検察側の求刑通り、被告人に死刑判決を言い渡した[121][122][123][124][125][126][127][128]
ペルーでは1979年以降死刑が執行されておらず、通常の殺人事件における死刑制度を廃止している。

死刑判決の際は、判決主文を後回しにし、判決理由を先に朗読することが多いが、さいたま地裁は同日、死刑判決の主文を、後回しにすることなく、冒頭で言い渡した[122][126][127][128]

被告人は、佐々木裁判長から促され、証言台の前に立ち、死刑判決を聞いた[126][127]。その後、裁判長から着席を促されたが、すぐに動かず、3回目の催促で、ようやく指示に従った[126][127]

判決理由で、さいたま地裁は、「人命を奪う危険な行為と分かって、犯行を行っていたことは明らかだ」として、検察側の主張通り、被告人が犯行当時、明確な殺意を有していたことを事実認定した[125]。その上で、現場から検出された唾液と、被告人のDNA型が一致したことや、「被害者たちの死亡に直接関与したことが認められる」として、強盗殺人罪3件などの成立についても、いずれも検察側の主張通りに事実認定した[125]

また、「車を奪うなど、金品を得るために一貫した行動を取っていた」ことが認められることや、現場で遺体を隠したことなどから、完全な責任能力を認める判断をした[126][128]

統合失調症により、被告人は犯行当時、心神喪失の状態だった」として、弁護人側が無罪を主張した点については、「精神症状としての妄想が、それぞれの犯行に一定の影響を与えていることは、否定できないが、限定的だ」と指摘し、無罪主張を退けた[126][128]

判決に対する反応[編集]
第3の事件で妻子を失った被害者遺族の男性は、閉廷後の記者会見で、「当然の結果だと思い安心した。妻や娘に報告したい」[122]、「父親として家族に最低限のことができたと思う」と語った一方で、「被告人からは謝罪もないので、怒りと憎しみが変わらずある」とコメントした[126][128]

裁判員の1人は、閉廷後の記者会見で、「事件当時の被告人の精神状態について、判断は難しかったが、裁判官・裁判員の全員で、1つ1つの証拠について協議し、客観的に判断した」、「この事件を防ぐことはできなかったのか、警察など関係機関が反省すべき点はあると思う」とコメントした[126][128]

また、別の裁判員は、「被告人は事件当時、正常な判断ができていたと思う。被害者遺族に謝罪してほしかったというのが率直な思いだ」とコメントした[126][128]

第3の事件で犠牲になった、当時小学生の姉妹が通っていた、熊谷市立石原小学校の校長は、2015年4月に赴任してわずか5か月後、教え子2人を事件で失った[123]。校長は、『埼玉新聞』の取材に対し、「本校の子ども2人の尊い命が奪われたという事実は変わらない。改めてご冥福をお祈りしたい」と語った[123]

弁護人側控訴(2018年3月9日)[編集]
被告人の弁護人を務めた弁護士・村木一郎は、閉廷後、被告人の完全責任能力を認めたこの判決について、「統合失調症が犯行に影響を与えたと認定したにもかかわらず、完全責任能力を認めるとは、滑稽な判決だ」と述べた[121][126][128]。その上で、判決を不服として、判決同日付で、東京高等裁判所控訴する手続きを取った[121][126][128]

[4]前ページ
(5.刑事裁判)
[6]次ページ
(6.民事訴訟)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/14 19:02
ソ人気記事ランキング
2018/11/17 更新
 1位日本
 2位日本における死刑
 3位自殺
 4位アフタヌーンショー
 5位11月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant