公務の執行を妨害する罪
▼人気記事ランキング
6.強制執行行為妨害等罪
偽計又は威力を用いて、立入り、占有者の確認その他の強制執行の行為を妨害した者は、3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する(刑法96条の3第1項)。強制執行の申立てをさせず又はその申立てを取り下げさせる目的で、申立権者又はその代理人に対して暴行又は脅迫を加えた者も、前項と同様とする(刑法96条の3第2項)。本罪は2011年6月に成立した情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律(平成23年6月24日法律第74号)により新設された。

なお、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織犯罪処罰法)の適用を受ける場合には、法定刑は5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金又はこれらの併科となる(組織犯罪処罰法3条)。

[4]前ページ
(5.強制執行妨害目的財産損壊等罪)
[6]次ページ
(7.強制執行関係売却妨害罪)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/12 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/19 更新
 1位日本
 2位MALICE MIZER
 3位丸山穂高
 4位北方町猟銃殺人逃走事件
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant