公務の執行を妨害する罪
▼人気記事ランキング
10.談合罪
2.2.行為
本罪の「談合」とは、競売・入札の競争に加わる者が互いに通謀し、その中の特定の者を落札者ないし競落者たらしめるため、他の者は一定の価格以下または以上に入札または付値しないことを協定することである(判例[7])。本罪は抽象的危険犯であり、本罪が成立するために葉公の競売または入札において公正な価格を害し又は不正な利益を得る目的で競争者が互に通謀してある特定の者をして契約者たらしめるため、他の者は一定の価格以下または以上に入札しないことを協定するだけで足りるのであり、現にその協定に従って行動したことを必要としない(判例[8])。

[4]前ページ
(10.1.主体)
[6]次ページ
(10.3.目的犯)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/12 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/27 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位インデペンデンス・デイ
 5位研音グループ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant