公務の執行を妨害する罪
▼人気記事ランキング
9.公契約関係競売等妨害罪
偽計又は威力を用いて、公の競売又は入札で契約を締結するためのものの公正を害すべき行為をした者は、3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する(刑法96条の6第1項)。2011年6月に成立した情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律(平成23年6月24日法律第74号)により、法定刑が2年以下の懲役又は250万円以下の罰金から3年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金又はその併科に引き上げられた。

[4]前ページ
(8.加重封印等破棄等罪)
[6]次ページ
(10.談合罪)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/12 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/25 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位田口淳之介
 4位KAT-TUN
 5位5月24日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant