公務の執行を妨害する罪
▼人気記事ランキング
8.加重封印等破棄等罪
報酬を得、又は得させる目的で、人の債務に関して、第九十六条から前条までの罪を犯した者は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する(刑法96条の5)。本罪は2011年6月に成立した情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律(平成23年6月24日法律第74号)により新設された。

[4]前ページ
(7.強制執行関係売却妨害罪)
[6]次ページ
(9.公契約関係競売等妨害罪)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/12 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/16 更新
 1位日本
 2位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
 3位藤島ジュリー景子
 4位7月15日
 5位第5世代移動通信システム
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant