公訴時効
▼人気記事ランキング
2.公訴時効の期間
2.1.かつての公訴時効期間
公訴時効期間は、2004年(平成16年)12月の刑事訴訟法改正により延長された(2005年(平成17年)1月1日施行)。なお、この時点における改正では時効期間の遡及適用については規定されておらず、改正法施行前に犯した罪の公訴時効については改正法附則3条2項により「従前の例による」と規定されている。

いっぽう前述したとおり、2010年(平成22年)の改正では、改正法附則3条2項により「人を死亡させた罪で禁固以上の刑に当たるもの」については、平成22年4月27日までに時効が完成していなかった場合は公訴時効延長の対象となる。一方で、平成22年改正法附則3条2項の反対解釈として、2010年4月27日まで公訴時効が完成していなくても、2004年12月31日以前に犯された「人を死亡させた罪で禁固以上の刑に当たるもの」以外の犯罪(強盗致傷罪、強姦致傷罪、現住建造物放火罪など)については、なお平成16年改正法附則3条2項の適用を受け平成16年改正法施行以前の時効期間が適用されることになり、一連の公訴時効延長改正の適用対象外とされているので注意を要する。

(注意)「具体的な罪の例」については2004年から2010年頃の各罪の法定刑に基づく分類である。また罰則の重さは、各々の犯罪時点で有効であった刑法等に基づく。

[4]前ページ
(2.公訴時効の期間)
[6]次ページ
(3.公訴時効の停止)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/25 15:30
ソ人気記事ランキング
2019/04/26 更新
 1位日本
 2位上級国民
 3位北村優子
 4位4月25日
 5位岡村孝子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant