サービス終了のお知らせ
光合成
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
光合成(こうごうせい、: Photosynthese: photosynth?se: photosynthesis)は、主に植物植物プランクトン藻類など光合成色素をもつ生物が行う、光エネルギー化学エネルギーに変換する生化学反応のことである[1]。光合成生物は光エネルギーを使って空気中の二酸化炭素から炭水化物糖類:例えばショ糖デンプン)を合成している。また、光合成はを分解する過程で生じた酸素を大気中に供給している。年間に地球上で固定される二酸化炭素は約1014kg、貯蔵されるエネルギーは1018kJと見積もられている[2]
「光合成」という名称を初めて使ったのはアメリカの植物学者チャールズ・バーネス(1893年)である[3]
ひかりごうせいとも呼ばれることが多い。かつては炭酸同化作用(たんさんどうかさよう)とも言ったが[4]現在はあまり使われない。
目次
1.光合成の発見
2.葉緑体(クロロプラスト)
3.緑色植物の光合成
├3.1.光化学反応
└3.2.カルビン回路
4.光合成の分類
5.光合成速度と呼吸速度
6.光合成速度と外的要因
7.酸素非発生型光合成経路
8.光合成に関わる年表
9.脚注
10.参考文献
11.関連項目
12.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/16 11:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant